足 その2

足の痛みとツボの繋がり

足の痛みとツボの繋がり

足の痛みに良いツボは沢山あっても実際はどのツボを使って良いのかは難しいものです。ここでは、足の痛い時にどのツボをとれば良いのか足の場所に合わせて紹介したいと思います。

ここでは大きく足の痛む部位を足の裏、足の内側、足の甲の3つに分けます。まずは足の裏ですが、ここには、湧泉(ゆうせん)穴というツボがあります。ツボの繋がりである経絡(けいらく)の中では腎の経絡に属するので、足の裏が痛い時は湧泉穴だけでは無く、土踏まずのところの然谷(ねんこく)穴やかかとの内側にある水泉(すいせん)穴などを使うのが効果的です。

痛い時は、そこだけでは無く色々と関係のあるツボに反応が出ていたりするものです。

次に足の内側です。足の内側は、外反母趾などでよく痛くなりますが、この出っ張りの根本には太白(たいはく)というツボがありこのような痛みがある時はよく使われます。このツボは経絡(けいらく)では脾(ひ)に属するので太白以外のツボを探すときでもその脾の繋がりの中から大都(だいと)や公孫(こうそん)などその前後に位置するツボを使うと効果的です。

最後に足の甲ですが、足の甲になると今度は4つの流れが入り込んでおり、その場所によって選ぶツボが変わってきます。内側からそれぞれ肝の経絡、胃、胆の経絡と進み、小指の外側の膀胱の経絡で4つになります。

痛い所だけでは無く、繋がりの中で状態を整える事が重要です。

肝の経絡では、親指の延長にある太衝(たいしょう)穴、その隣の人差し指の流れにある胃の経絡では衝陽(しょうよう)穴、小指と薬指の間にある胆の経絡だと臨泣(りんきゅう)穴、足の裏と表のさかいにある膀胱の経絡では京骨(けいこつ)穴などが有名です。

ツボも痛い所だけでは無く繋がりを考えてツボを確かめていくと思わぬところで反応に当たったりします。痛い場所から少し離れてみて色々な繋がりの中で足の状態を整えてみるのも一つの方法です。

 

足の痛みと脈診(みゃくしん)

足の痛みと脈診

足の痛みと言うと足の裏やかかと指の付け根などに痛みが起こる事が多く、一度起こると長引く事も珍しくありません。

この様な事は靴の問題だけでなく足首や膝の状態など上の方まで様々な事がかかわってきます。例えば地面を蹴って前に進むためには、足の裏の筋肉だけでは無くかかとの腱、ふくらはぎの筋肉なども一緒に働きます。

痛みを繋がりの中で考え、上手くバランスをとる様にする事が重要です。

常に一緒に働くこの繋がりは、痛いのは足の裏だけだからといって放っておけるものでもなく状態を落ち着かせる為には一緒に整えていく必要があります。

脈診はこの様な繋がりの問題を考えるのに優れており、足のどういった働きおかしくなっているのか、そのバランス取るにはどこの調整をしたら良いのかという事を教えてくれます。

足の問題を考える時は、つながりの中での痛みというのを考え事が必要です。色々な観点から体を観察し体に合う施術をしていくという事が大切です。

 

足の裏に引きつりがあり、朝床に足をつくのがきついです。

足の裏と鍼灸

足の裏の問題は、関節が多くバランスをとる事も難しい為長引く事も多く、自然にはなかなか良くなっていってはくれません。

朝起きぬけやしばらく足を使わなかった後などにひどくなる事が多く、状態がやわらぐまでは足を使うのがきつく感じられます。

足の問題がある時は、まず靴やインソールを変えてみたりするものですが、それでも良くならない様な場合は、足だけでは無くもう少し範囲を広げて考えてみる必要があります。

歩き方や姿勢だけでは無く色々な問題が関係しています。

鍼灸では、ただ足を足の問題としてだけ考えるのではなくその他の状態と合わせて問題を考え、全体の中の一部として足の施術をしていきます。

足も広げてみれば、膝や腰、左右の足など他と繋がっていて、色々なところからの影響を受けてバランスをとっているものです。

長く続く場合は、歩き方や姿勢といった問題だけでは無くもっと色々な要因がかかわって抜けにくくなっているものです。辛さがある時は、放っておかず体が覚えこむ前に施術していく事が重要です。

 

その他メニューのご紹介

膝 その2

足の中でも足首と股関節の関節に挟まれる膝は、そのバランスをとる時に必ず考える場所でもあります。ここでは、膝についての具体的な訴えを元に東洋医学の考えを色々と紹介しています。

生活習慣 その3

足の痛みというのはこじれると長引く事も多く、ちょっとの事では中々抜け出せないという事もよくあります。ここでは、足の事だけでは無く生活全般に目を向け、痛みから抜け出す生活習慣について紹介しています。

膝は足首のすぐ上にある関係の深い関節です。一緒になって働くので無理な負担をかばいあったり、腰や股関節からの影響を同じように受けるという事もあります。ここではそんな膝関節について鍼灸の観点からまとめ紹介しています。

はり・きゅう 一水堂 料金とアクセス

料金

料金について
一水堂は、なるべく身近で皆さんに近い鍼灸院でありたいと思っています。その為、料金も通いやすくしてあります。その場だけの気持ち良さは問題からの抜け出す事には繋がりません。しっかりと体を整え明るい毎日を過ごしましょう。
 

料金表
初診料 1000円
一般 施術料 3500円
大学・専門 2500円
高校・中学 2000円
小学・幼児 1000円

一般の方
初めてのご来院の場合
 

 初回検査料1000円
+  施術料3500円
     計4500円
 

( 2回目以降は、3500円 )


施術歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

〒266-0032 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F

受付 9:00~20:00(日・祝日休み)

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

アクセス

はりきゅう一水堂アクセス

千葉南警察署の目の前になります。

千葉中央バス 千葉南警察署から徒歩1分

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分