鍼灸お役立ち情報 気血 その2

鍼灸と五臓の肺について

肺と鍼灸

鍼灸における肺は、気をつかさどる大切な所となります。気と言うと難しく考えるかもしれませんが、中心となるのは、今と同じく外の気を吸い込んで体の中に取り込む事です。

具体的な訴えで言えば、外の気を吸い込むと言う事なので呼吸に係わる鼻の問題や咳、風邪、呼吸のしづらさ、胸の苦しさ、肺を納める背中や肩の問題として主に表に出て来ます。

しかし気はそれだけでは無く外界からの影響に負けない様に体を守る働きもあるので、湿疹や乾燥によるかゆみなど外界と直接接する皮膚の問題もこの肺のつかさどりとなります。

鍼灸のすばらしさを引き出すには経験を生かしたツボの取り方をする事が重要です。

今の常識では、肩の動きのぎこちなさとアトピーなど皮膚の問題を一緒に考えるというのは、考えにくい事ですが、鍼灸では実際の働きというのが大切になって来るのでこうした考えも生まれてきます。

切り離して考えると難しくなりますが、普段からせきをしている様な人は、胸がつまった様感じになるので背中が張り肩も巻かれて問題が出やすくなるものですし、アレルギーがあって小児喘息を経験している様な人はアトピーなどの皮膚の問題も合わせて出しやすいものです。

ツボの内容を上手く引き出す為には、ただツボの種類を考えるのではなく、こういったものの見方から変えていかなければ中々上手くはいきません。鍼灸のすばらしさを引き出す為には、頭を切り替えて考え、長い歴史の中で培ってきた経験の生きるツボの取り方をする事が重要なのです。

実(じつ)について

邪気と鍼灸

実(じつ)というのは身の回りの事が過剰になって体にとっての負担となったものの事を言っています。

風邪などは、実の状態の中でも代表的で風によって冷えや湿気などを体の中に運んでくると考えられました。

昔は住環境なども整っていなかったので外からくるものが重視されていましたが、過剰となるものはそれだけでは無く、体の内側からくるものも体に影響を及ぼすとされ、それらも同じように実として扱われました。

実の状態については大きく3つ、感情によるもの、生活習慣によるもの、季節や環境によるものがあります。

過剰になって体にとっての負担となったものを実(じつ)と言います。

一番初めの感情の高ぶりによるものを内因(ないいん)、食べ過ぎや過労、生活の乱れによるものを不内外因(ふないがいいん)、湿気や暑気、寒冷など外からくるものを外因(がいいん)と呼んでいます。

最近では、ストレス(内因)や生活習慣(不内外因)といった内側からの要因によるものがほとんどですが、ストレスと言ってもそれをもとに悩みが重なって問題につながったのか、ストレスのせいで怒りが度を越して体の負担になったのか、鍼灸ではそのストレスからくる感情の種類によっても起こる問題が違うと考えます。

生活の乱れ、環境、気持ちの乱れなど何でも過剰になる事は体にとっての負担となります。この様な実は体の弱さに乗じて入ってきます。体を強く保ちそれらの事に負けない体作りをしていく事が大切です。

 

体の中の自然

体の中の自然と鍼灸

東洋の古典では、体の中にも外と同じく自然の原理が働いていると考えます。

例えば火は上にのぼる様に燃えさかり、水は冷えて下に下ります。この様な事は人の体の中でも同じで、頭に血がのぼれば、カーッと赤くなり体がほてります。

これは火の要素が体の中で盛んになった為と考えられます。逆に水の性質が強く出れば足がむくみ、冷えて、足腰が重くなります。この様に体の中でも自然と同じような形でその働きを示します。

東洋の古典ではこの要素を木火土金水の5つに集約し色々な事を考える時の基本となっています。

自然の知恵を上手く生かし効率よく体を整える事が重要です。

言葉にすると難しく聞こえますが、やっているのは当たり前の事で「熱ければ冷やす」「冷え固まったものは温めて緩める」といった事をツボに反映してやっていきます

例えば、のぼせが強い様なら全体として水の性質のある腎の経絡(けいらく)を選び、更にその中でも特に熱を下に引き下げ体を冷やす作用のある水の性質のツボを選択します。

全体と部分とそれぞれにこれらの5つの要素があるのでそれを矛盾なく受け取って体が一番上手く収まる様なツボの組み合わせを考えていきます。

人というのは、自然とは切ってきれない関係にあります。自然の知恵を上手くいかし効率よく体を整えていく事が重要です。

 

その他メニューのご紹介

自律神経

自律神経失調症

自律神経について、生活習慣のポイントとツボの選び方を紹介しています。

更年期

更年期障害

更年期について、鍼灸院選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊

不妊症

不妊について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

はり・きゅう 一水堂 料金とアクセス

料金

料金について
一水堂は、なるべく身近で皆さんに近い鍼灸院でありたいと思っています。その為、料金も通いやすくしてあります。その場だけの気持ち良さは問題からの抜け出す事には繋がりません。しっかりと体を整え明るい毎日を過ごしましょう。
 

料金表
初診料 1000円
一般 施術料 3500円
大学・専門 2500円
高校・中学 2000円
小学・幼児 1000円

一般の方
初めてのご来院の場合
 

 初回検査料1000円
+  施術料3500円
     計4500円
 

( 2回目以降は、3500円 )


施術歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

〒266-0032 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F

受付 9:00~20:00(日・祝日休み)

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

アクセス

はりきゅう一水堂アクセス

千葉南警察署の目の前になります。

千葉中央バス 千葉南警察署から徒歩1分

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分