鍼灸お役立ち情報 気血

気の病と血(けつ)の病

東洋医学の診察法

鍼灸では、まず大まかにどの様な体質なのかという事を考えます。やられている状態によって気と血(けつ)の体質に分け、施術量をどうして行けばよいかの指標とします。

常に色々な事に悩まされコロコロと問題が変わる人は気の問題によるところが多く、長く頑固に悩みや辛さを訴える場合は血(けつ)の問題にまで体の崩れが及んでいると考えます。

ツボは体質を見極めて使っていく事が大切です。

気は、常に変わる外の環境から体を守ったり、暑い寒いに合わせた体温の調節もするものなので、ここがやられると色々な事に振り回されるようになります。自律神経の問題は気の問題として出ている事が多く、ストレスなどもかかわってくると色々ありすぎて自分でも何が悪いのか分からなくなります。

一方で血(けつ)の問題というのは、気の問題よりもう少し経過が長く、問題の根も奥深くにまで行っているものの事を指します。この様な状態になると上手く気がめぐらない為その部位が痩せていたり、辛さもちょっとの事では動かず常にうずいているという様な訴え方をします。長年続いてる頑固な腰や経過の長いもののようなものがこれにあたります。

気と血(けつ)では対処の仕方が異なります。

施術では、気の問題ある時は、体も敏感な事が多いので一気にやらず軽い刺激を少しづつ積み重ねていくようにするなど体に合わせて行い、血(けつ)の問題がある時は、お灸を使うなど鍼だけにたよらずじっくり温めるような手段を多く用いる様にします。

同じツボを刺激するのにもちょうど良い刺激というのがあり、それを間違うと上手くその良さを引き出せないものです。鍼灸を受ける時はこの様な事も考え自分にあった方法を選ぶ事が大切です。

 

鍼灸と体のみかた

体質に合わせためまい対策

東洋の古典(難経二十二難)には体の問題には大きく二つのものが在ると書かれています。ころころと問題の移り変わる是動病(ぜどうびょう)とじっとその場に居続けてその人を悩ます所生病(しょせいびょう)の二つです。

是動病(ぜどうびょう)は、動くという意味ですぐに変わる問題のあり方を指し、辛い所が動きやすく、落ち着かない状態を言います。この問題では、体の比較的表面に近い所がやられるので、外から受ける刺激から体を守ったり、栄養を届けるといった働きに不具合が生じます。

動く問題は色々なところから影響を受けます。

浅いところの問題なので外からの影響も受けやすく、辛い所や内容が常に移り変わる様な問題を出します。この様なものは、風邪のウィルスや花粉といった分かりやすいものだけでは無く、冷えや音、光などありとあらゆるストレスがこれの原因となります。是動病の様な問題に対処する時には、一つ一つの訴えもそうですが、色々な事を受けてしまう問題の大本に対する対処も必要で、今出ているものと根本の二つの事を考えてツボを選んでいく必要があります。

一方でもう一つのタイプには深くてなかなか動かないものがあります。こういうタイプのものを古典では所生病(しょせいびょう)と呼んでいます。先ほどの是動病より問題が深くにまで進んだ状態で外からの影響も受けづらく、少しの事では状態が動かないところにまで影響が及んでしまっています。

体に合わせた施術を受ける事が必要です。

所生病は、体に悪い習慣や長い間積み重ねられていった問題が溜まる事でおこり、一度表に出てきたら動かす為にしっかりと向き合い時間をかけて取り組んでいく必要があります。毎回の施術もお灸を使って内側から効かすなど是動病の時とはまた違う形でのフォローが必要となります。

体の悩みというのは、画像に映し出されるものだけが理由ではありません。東洋では、体の不調をかけ離れたものでは無くもっと身近で近い、現実の問題として対処していきます。自分にあった方法を見つけ出し必要な事をこつこつと積み重ねていく事が重要です。

 

やはり鍼灸は中国が本場なのですか?

だるさの鍼灸治療

鍼灸は元々が中国から渡ってきたものなので基本となるのはどこかと言われればやはり中国という事になります。

しかし、中国から入ってきたラーメンの様な食文化が日本で独特の発展をした様に鍼灸も長い年月日本で使われる事で日本人の体に合わせたものに変わってきました。

同じ道具を使っていても日本と中国ではやり方が異なります。

今では中国のものとは、はりの太さや使い方もツボの選び方も違うものとなっています。

同じ道具を使っていても使い方が異なる事で内容は大きく変わります。施術というのも風土や習慣に合わせその土地や人に合わせた使い方をする事が大切なのです。

 

追加してカイロプラクティックもしてもらえますか?

だるさの鍼灸治療

昔カイロプラクティックの勉強もしていた為、この様な事も時々言われます。しかしカイロプラクティックもただ関節を鳴らせばそれで良いというものではありません。

上手くやろうと思ったらそれなりの手間や時間が必要になります。右にねじれていれば左に回すというのでは無く、その元を考えアプローチしていく事が大切になります。

形を整えるだけでは無く自らの力を引き出す事が重要です。

しかしながら、例え形を正したとしても結局はそれを支える内側からの力があるかどうかという事が問題になります。

ただ真直ぐになれば体は戻る訳ではありません。体を整え内側からの力が働きやすい環境を作り自らの力で体を正しい方向に持っていける様になる事が大切です。

その他メニューのご紹介

自律神経

自律神経失調症

自律神経について、生活習慣のポイントとツボの選び方を紹介しています。

更年期

更年期障害

更年期について、鍼灸院選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊

不妊症

不妊について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

はり・きゅう 一水堂 料金とアクセス

料金

料金について
一水堂は、なるべく身近で皆さんに近い鍼灸院でありたいと思っています。その為、料金も抑え、通いやすくしてあります。その場だけの施術は問題の解決にはつながりません。根本からの解決をはかり明るい毎日を過ごしましょう。
 

料金表
初診料 1000円
一般 施術料 3500円
大学・専門 2500円
高校・中学 2000円
小学・幼児 1000円

一般の方
初めてのご来院の場合
 

 初回検査料1000円
+  施術料3500円
     計4500円
 

( 2回目以降は、3500円 )


施術歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

〒266-0032 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F

受付 9:00~20:00(日・祝日休み)

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

アクセス

はりきゅう一水堂アクセス

千葉南警察署の目の前になります。

千葉中央バス 千葉南警察署から徒歩1分

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分