鍼灸お役立ち情報 証(しょう)その2

経絡治療の証(しょう)と漢方の証(しょう)について

東洋医学の診察法

その人の治療にあたりどこをどう使うかという事を示す証(しょう)は、東洋医学の色々な所に出てきます。しかしこれらは見方によって異なり全ての治療に同じものが使えるという訳ではありません。

証(しょう)に基づく治療の方法には、経絡治療(けいらくちりょう)の他にも中医学などで使われる弁証論治(べんしょうろんち)や漢方で使われる方証相対(ほうしょうそうたい)などのやり方があり、用いる治療法によってそれぞれです。

証(しょう)の立て方は、鍼灸と漢方でそれぞれ違います。

基本的には、陰陽五行(いんようごぎょう)や気血津液(きけつしんえき)など同じ見方を使って考えるので共通するものも多いのですが、内容は一つ一つ異なります。

例えば身近な問題の一つに風邪がありますが、これも治療法によって表し方が異なり、表実熱証(ひょうじつねつしょう)や葛根湯証(かっこんとうしょう)、肺肝相剋大腸実証(はいかんそうこくだいちょうじつしょう)など同じ東洋医学といってもたつ証(しょう)は違います。

これは同じ東洋医学でも気血津液(きけつしんえき)や臓腑経絡(ぞうふけいらく)のどこを中心にして問題を考えるのかで変わり、臓腑経絡(ぞうふけいらく)の働きから気血の状態を整えるのか、気血の状態を主にしてそれを整えるために臓腑(ぞうふ)の働きを考えるのかといった様な事で違いが生じます。

鍼灸も漢方も一つ一つ違うものだと思って治療を受ける事が大切です

証(しょう)は治療に直結したものなのでどこを取るかは実際に何を使って治療をするのかその方法によって異なり、前の話でも臓腑経絡(ぞふけいらく)を中心に物事を考える前者の考え方は、経絡治療(けいらくちりょう)など経絡(けいらく)を使った鍼灸をするものに多く、後者の気血の状態を中心に行うものは漢方や中医学的な鍼灸を行うものに多くみられます。

それぞれ内容が異なるので他のところの治療の内容や証(しょう)を聞いても、だいたいの事は分かってもそれでそのまま治療が出来る訳では無く、また自分のところに沿う様に診察をして証(しょう)を立て直していく事が必要になります。

東洋医学といっても漢方と鍼灸でその内容は大きく異なり、同じ鍼灸でもまた流派によって証(しょう)の立て方は変わります。漢方も鍼灸も全てが同じと思わず一つ一つ違うものだと思って治療を受ける事が大切です。

脈診(みゃくしん)と証(しょう)について

東洋医学の診察法

脈診(みゃくしん)は昔からある東洋医学の診察法です。今でも本格的な鍼灸や漢方をするところでは、取り入れられているところが多く、脈(みゃく)を通して体の不調を調べていきます。

鍼灸や漢方では、治療方針を示す証(しょう)というものをまず立てます。これは、現代医学の坐骨神経痛のような診断名とは違い治療に直結したものなので漢方や鍼灸などその治療方法によって内容が異なります。

最終的にたどり着くところが違う為、やり方によって脈(みゃく)から読み取るものも異なり、脈(みゃく)をみる場所も変わってきます。

比較脈診(ひかくみゃくしん)と脉状診(みゃくじょうしん)

手首の脈をみるやり方では、左右の脈(みゃく)の上にそれぞれ三本の指を置いてみていくのですが、脈診流(みゃくしんりゅう)の経絡治療(けいらくちりょう)では、この三本の指の当たりの違いが重要になり、左右で六ヶ所、それを陰と陽の上下に分けて十二ヶ所、それぞれの脈のうち方の違いを比較して問題を探っていきます。

この他、漢方や他の鍼灸では、うつ場所よりも脈(みゃく)の形を重視するものもあり、手に触れる脈がどの様なものなのか、コロコロとした玉の様な脈が指先にあたる感じなのか、竹を削る時の様な荒いあたりなのか、どの様なうち方をしているのかという所をよく診て証(しょう)に繋げるものもあります。

鍼灸と漢方では、同じ脈でも必要とする情報が違います。

前者の見方を比較脈診(ひかくみゃくしん)といい、後者の見方を脈状診(みゃくじょうしん)といいます。診る内容が違えばやり方も変わってくるので鍼灸院と漢方、また同じ鍼灸でも流派の違いで手のあて方が違ってきます。

当院の様に経絡(けいらく)を重視した治療では、全身を流れる十二本の経絡(けいらく)の状態というのが大切になるので左右の脈を十二に分けてみる比較脈診(ひかくみゃくしん)が欠かせませんが、そうでは無い漢方の様な治療だったりすると片方の脈だけで脈状診(みゃくじょうしん)を中心に脈(みゃく)をみるという事もあります。

脈の診方は、治療法によって少しずつ内容が異なるものなのです。

脈(みゃく)は色々な情報を教えてくれますが、それだけにただ漠然と診るのではなく目的をもって診る事が必要です。脈(みゃく)をみれば直感的に何かが分かるというのではなく、自分の治療に必要な情報を引き出し、他の診察情報と総合して証(しょう)としてまとめられる事で治療に生かされます。

東洋医学では、検査のやり方も証(しょう)の立て方も全てその治療に合ったものが選ばれます。東洋医学を基礎に持つ治療において脈診(みゃくしん)は欠かせない診察法ですが、全てが同じでは無くそれぞれが少しずつ違うものなのです。

 

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

はり・きゅう 一水堂 料金とアクセス

料金

料金について
一水堂は、なるべく身近で皆さんに近い治療院でありたいと思っています。その為、料金も抑え、通いやすくしてあります。対症療法によるその場だけの治療は問題の解決にはつながりません。つらい症状の根本からの改善をはかり明るい毎日を過ごしましょう。
 

料金表
初診料 1000円
一般 施術料 3500円
大学・専門 2500円
高校・中学 2000円
小学・幼児 1000円

一般の方
初めてのご来院の場合
 

 初回検査料1000円
+  施術料3500円
     計4500円
 

( 2回目以降は、3500円 )


治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

〒266-0032 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F

受付 9:00~20:00(日・祝日休み)

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

アクセス

はりきゅう一水堂アクセス

千葉南警察署の目の前になります。

千葉中央バス 千葉南警察署から徒歩1分

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分