胸の痛みと鍼灸 のどの詰まり・胃腸

胸の痛みと鍼灸

胸の痛みというと肺、心臓など胸部におさまっている臓器によるものが中心となりますが、

それ以外にも食道や胃、肋間神経痛や他の臓器から飛んできて起こる関連痛など様々な事が考えられます。

ここでは、胸の痛みとして起こる疾患について可能性のあるものを紹介していきます。

胸の痛みと鍼灸

胸の痛みと鍼灸

東洋医学は、経験の医学でもあるのでその人がどの様な時にどの様な問題を起こすのかといった事がよく観察されています。動悸や胸の痛みといったものは、心臓の問題としてだけでは無く、胃腸ともかかわりが深いと考えられていて動悸や胸の痛みはその様なところにも関係していると考えます。

 

胸の痛みと胃腸のツボについて

胃腸を通るツボの流れは、胃腸と深く交わるだけでは無く最終的には心臓に入るなど、流れとして繋がっており、「…是れ脾を生ずる所の病は、舌本痛み、体動揺すること能わず、食下らず、煩心し、心下急し痛み…(霊枢・経脈篇)」(藤本蓮風 1991.2 臓腑経絡学ノート)と、その病の特徴を述べるところで心臓の問題が一緒に語られるなどしています。

 

またパニック障害の様な問題がある時でも動悸や胸の痛みという訴えはよくありますが、そういうものに対しても胃腸はかかわりが深いとされ「…病至れば、人と水を悪み、木声を聞けばてきぜんとして驚き、心動ぜんと欲す。独り戸を閉ざして塞牖(さいよう)として処す…(霊枢・経脈篇)」(藤本蓮風 1991.2 臓腑経絡学ノート)と、胃にかかわるツボの流れが障害されると、人に会いたがらず、ちょっとした事にも驚きやすくなるという事が書かれています。

 

良く体の状態を観察して施術を選ぶ事が大切です

現在は胸の痛みを起こす胃腸の問題というと逆流性食道炎と具体的な疾患があげられますが、東洋医学は、今の医学とはまた違った見方をするので実際に起きる問題から様々ものが混ざったまとめ方になっています。症状も細かく聞けば、色々な事が起きていてただ胸の痛みだけという事は無いものです。よく観察し体に合わせた施術をする事が大切です。

 

感覚のせいと言われなにもしてもらえませんでした。

だるさの鍼灸治療

血液検査やMRI、最近では色々な検査が出来る様になってきましたがそれでも複雑な問題の場合は病名がつかないという事もあります。

手が無いと言われるとがっかりしますがその様な時はやたらと薬を出されるより、そういう対応をされた方が良心的という事もあります。

最新の検査でも見つからない問題というのはあるものです。

しかし、検査で問題が見つからない場合でも痛みや不調があるという事は、そこには必ず問題があります。

ただそれが神経の調整の問題だったり、働きの不調によるものの場合は、数値や画像にうつらない事もあります。

検査をすればすべてがはっきりするというものではありません。体の声を大切にし、具体的に楽になれる方法を探していく事が重要です。

 

のどがつまっていてひどいと食欲も無くなります。

だるさの鍼灸治療

のどがつまって苦しいというのは、実は結構多い訴えで色々な症状に合わせてこの様な問題を訴えられます。

一番多く出るのが食欲不振や吐き気ですが、それだけでは無く動悸や息苦しさ、耳鳴りやめまいと言った事でもこの様な訴えを合わせて出します。

診断名としては、逆流性食道炎が多いのですが、原因もはっきりせず人によっては検査では何も見つからないという事もよくあります。

何か体の内側の症状があると炎症や腫瘍などが疑われますが、症状の原因は目に見えるものばかりでは無く神経の調節が上手くいかない事での働きの過不足や緊張などでもこの様な不調を引き起こします。

のどだけでは無く広く全身を整える事が大切です。

逆流性食道炎という診断名が多いなどと言うと最近のものの様に思いますが、実はこの様な事は昔からあり、梅核気(ばいかくき)といって東洋医学の色々な本にその事についての内容が書かれています。

この問題は、ただノドの回りに障害があるのではなく体の弱りやイライラ、不安などのストレスとの関連が深く、ツボもその様な事を考えたものが多く使われています。

もちろん、書かれているものをそのまま使っても上手くいかないので、今ある他の問題と合わせて考え、その人の体質もよく診て使っていく事になります。

どの様なものでもそうですが、人の体は色々なものと連携を取り悪くなる時は全体として調子を落としているものです。その場所だけでは無く広く体を整え根本からの改善をはかる事が大切です。

 

今回使ったツボは同じですか?

だるさの鍼灸治療

治療では、治療方針の他、季節の変化に合わせ花粉症や冷えなど様々な事を考慮に入れてツボを選びます。

また、長くやっていく上では、その日の体調の変化に合わせた内容の変更というのも考える必要があります。

症状では無く体に合わせてツボを選ぶ事が重要です。

体というのは回復していく過程でも一直線では無く常にゆれ動きながら少しずつ変わっていきます。

その為、症状は同じでも体調によってはツボの使い方を変えたり、ツボの組み合わせを考える事が必要になります。

症状だけを考えるのではなく、色々な事を頭に入れ、その日その時の体調に合わせきめ細かい対応をしていく事が大切です。

 

鍼灸 患者さんの声

…高血圧、不整脈…

千葉市鍼灸患者の声
千葉市 男性

…少しずつ症状が改善され…今では全くなくなった症状もいくつかあります。…

※効果には個人差があります。

…呼吸が浅い、…起立性低血圧障害…

千葉市鍼灸患者の声
千葉県 男性

…半年ほどつづけた頃になんとなく体が軽くなった…予約も時間も体調に合わせて入れられて通いやすいです。…

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

はり・きゅう 一水堂 料金とアクセス

料金

料金について
一水堂は、なるべく身近で皆さんに近い治療院でありたいと思っています。その為、料金も抑え、通いやすくしてあります。対症療法によるその場だけの治療は問題の解決にはつながりません。つらい症状の根本からの改善をはかり明るい毎日を過ごしましょう。
 

料金表
初診料 1000円
一般 施術料 3500円
大学・専門 2500円
高校・中学 2000円
小学・幼児 1000円

一般の方
初めてのご来院の場合
 

 初回検査料1000円
+  施術料3500円
     計4500円
 

( 2回目以降は、3500円 )


治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

〒266-0032 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F

受付 9:00~20:00(日・祝日休み)

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

アクセス

はりきゅう一水堂アクセス

千葉南警察署の目の前になります。

千葉中央バス 千葉南警察署から徒歩1分

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分