更年期障害と鍼灸 その2

鍼灸からみた更年期障害

45~55歳という年代は、一つの大きな体の節目で、女性の場合は、閉経を迎えるなど大きな変化が訪れる時でもあります。身体の中のホルモンのバランスが大きく変わる為、のぼせ、めまい、耳鳴り、憂うつ、イライラ、手足のしびれなどさまざまな症状が出ます。

 
鍼灸からみた更年期障害
鍼灸からみた原因

このホルモンバランスの乱れは、鍼灸では「腎」の衰えとして考えます。鍼灸で考える腎(じん)は泌尿器の問題だけでは無く老化にも関係する為、ここの衰えは、見た目では、小じわや肌の張り、髪のこしなどの問題、内では更年期などの問題につながります。

対策

鍼灸では、色の黒い食材(ひじき、のり、ごま、黒豆・・・)、ねばり気のある食材(オクラ、山芋、納豆・・・)、カキなどの海産物(カキ、ホタテ、エビ・・・)が腎の衰えには効果があると言われています。年齢の問題の様に日々進んでいくのに対しては、食事の工夫など毎日少しずつ出来るような対策を取る事が効果的です。

病気というほど重い症状は表れず、周りに理解されないことでストレスが溜まる事も多い更年期症状ですが、生活を見直し普段から身体が滑らかに動く様にしておくことが大切です。

 

気の病と血(けつ)の病

東洋医学の診察法

鍼灸治療では、まず大まかにどの様な体質なのかという事を考えます。やられている状態によって気と血(けつ)の体質に分け、治療量をどうして行けばよいかの指標とします。

常に色々な症状に悩まされコロコロと症状が変わる人は気の問題によるところが多く、長く頑固に痛みや症状を訴える場合は血(けつ)の問題にまで症状が及んでいると考えます。

ツボは体質を見極めて使っていく事が大切です。

気は、常に変わる外の環境から体を守ったり、暑い寒いに合わせた体温の調節もするものなので、ここがやられると色々な事に振り回されるようになります。自律神経の問題は気の問題として出ている事が多く、ストレスなどもかかわってくると色々ありすぎて自分でも何が悪いのか分からなくなります。

一方で血(けつ)の問題というのは、気の問題よりもう少し経過が長く、問題の根も奥深くにまで行っているものの事を指します。この様な状態になると上手く気がめぐらない為その部位が痩せていたり、痛みもちょっとの事では動かず常にうずいているという様な訴え方をします。長年続いてる頑固な腰痛や持病のようなものがこれにあたります。

気と血(けつ)では対処の仕方が異なります。

治療では、気の問題ある時は、体も敏感な事が多いので一気にやらず軽い刺激を少しづつ積み重ねていくようにするなど体に合わせて行い、血(けつ)の問題がある時は、お灸を使うなど鍼だけにたよらずじっくり温めるような手段を多く用いる様にします。

同じツボを刺激するのにもちょうど良い刺激というのがあり、それを間違うと上手く効果を引き出せないものです。鍼灸を受ける時はこの様な事も考え自分にあった方法を選ぶ事が大切です。

 

のぼせのある時の生活のコツ

感情のいきすぎと鍼灸

更年期障害というと熱くなって、汗をかいてと熱の部分ばかりが取り上げられますが、その背後には冷えがある事が多く、実際にはその様な事に対しても注意が必要です。

この様な場合に起こるのぼせは、上下のバランスが取れない事でひどくなるので熱いからと言ってただ冷やすと今度はそれで体調が悪くなったり、バランスを余計に崩してのぼせの方もひどくなります。

熱さ対策だけでは無く冷えない様にする事が大切です。

結局、夏は、のぼせがあるので暑くて辛く、冬は寒さ対策をしっかりしたいけどのぼせがあるので上手くいかず冷えが入り込んで体調を悪くするといった悪循環にはまり込む事も多くなります。

体が熱くなっているのでエネルギーが有り余っている様に思えますが、これは弱さからくる熱なので決して体が強くなっている訳では無く、意外と風邪をひきやすかったり、冷えの病に侵されやすかったりするものです。

更年期障害というと熱さにばかり気がいきますが、体のアンバランスで考えればまずは冷えが先です。マフラーを使ったり、すぐとれる服装を選ぶなど上手に体温コントロールしていく事が大切です。

 

感情のいきすぎは体にとって害となります

感情のいきすぎと鍼灸

鍼灸では、病の原因に体の内側からくるものをあげており、それを内因(ないいん)と呼んで注意をそくしています。一般にストレスと呼ばれるものですが、その感情には色々なものがありそこからくる影響も異なります。

色々な悩み事があって考えが止まらなかったり、怒りを溜めて常にイライラしていたり、病気や生活の恐怖におびえていたり、深い悲しみにとらわれ常にクヨクヨしていたり、これらは全て影響する場所が異なり、それによる体調の変化も違ってきます。

起こる感情の違いで体への影響も変わります。

例えば、深い悲しみに襲われると「肺気の循環が悪くなって気が消える」(素問、挙痛論より)と言われ、声が小さくなり行動力も無くなって風邪をひきやすくなるなどの変化が起きます。

その他にも「思は脾をやぶる」(素問、陰陽応象大論)といい、あまり色々な事を考えすぎると脾といって胃腸や体の活動に関係する場所に影響し、食欲の低下や疲労感、下痢軟便などに悩まされやすくなります。

更年期の時は、変に涙もろくなったり、イライラが出やすくなったりするものですが、その感情がいきすぎる場合は体にも影響します。ただ更年期だからで片づけてしまうのではなく一つ一つを細かくみて放っておかない事が大切です。

 

のぼせ

のぼせもひどくなると色々な不便を強いられます。病気では無いからと放っておかずひどくならない様にする事が大切です。

のぼせ

のぼせとは?

のぼせは、熱中症の様な時だけでは無く、更年期でホルモンバランスがくずれたり、ストレスで自律神経の乱れた時にも起こります。顔や首が熱くなったり、頭がボーっとするといった症状を起こし、中には立ちくらみの様になり立っていられないという事もあります。

冷えは大敵

のぼせは、根本的には体の冷えがある事が多く、熱いからといって冷たい飲み物を飲んだり体を冷やすような事をすると、お腹や体の芯が冷えてかえってのぼせがひどくなります。のぼせるだけでは無く、普段の生活でも何かと熱さを感じる様になり、汗をかくなど不快な状態が増します。

ポイント

更年期のある時は、気と血の流れを良くしてホルモンバランスを上手く整える事がまずは大切です。のぼせは根本的には冷えがある事が多いのでとにかく体を冷やさない事が重要になります。温める時は、腰湯をして下半身からじっくり温めるなどのぼせが出ない様に工夫する事が大切です。

 

 

治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668
住所
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F
営業時間
午前 9:00~20:00
休業日
日曜・祝日
 
午前 ×
午後 ×

臨時休診する場合があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症リンク

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害リンク

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症リンク

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分