更年期の体調不良

ここでは、更年期に起こる体調不良について紹介していきます。

 

更年期障害とは

更年期とは45才~55才の約10年をいいます。この時期女性は、徐々に卵巣の働きが低下しついには月経が止まります。脳が指令を出しても卵巣から出る女性ホルモンは出なくなり様々な症状を起こします。この時期に起こる症状の事を更年期症状といい、日常生活にまで支障をきたすような重いものを更年期障害と呼んでいます。症状は大きく次の3つに分けられます。

更年期障害の症状

精神神経症状

更年期には、のぼせや発汗などの症状だけでは無く、イライラや憂うつ、不安感など精神症状も一緒になって起こります。中でも憂うつ感は閉経女性の4割に認められるなど中心となる症状で、あまり強い抑うつ感や意欲が出ないなどの状態が続く場合はうつ病の疑いも出てくるので注意が必要です。

自律神経症状

更年期障害として知られる症状の殆どがここの問題になります。体の中に熱がこもってのぼせたり、体温の調節がうまくいかなくなって急に汗が出たり、発汗のコントロールが効かないのも自律神経の乱れから起こります。その他にも動悸や不眠、息切れ、たちくらみ、食欲不振などもここと関係して起こります。

体性神経症状(たいせいしんけいしょうじょう)

この時期に合わせて出る腰痛や肩こりだけでは無く、夜寝ている時に足に虫が這っている感覚があったり、ほてった感じがして落ち着かないなどのむずむず脚症候群なども末梢神経が関係して起こる一つの症状だと言われています。どれも更年期以外にも出る可能性があるものなので更年期の時期に合わせて出てくるという事がポイントになります。

日本産婦人科学会のチェックリスト

更年期にあらわれる症状についての項目が以下のものになります。当てはまるものが多いほど症状が重いという事になります。

・顔がほてる

・上半身がほてる

・のぼせる

・汗をかきやすい

・夜なかなか寝付かれない

・夜中に眼をさましやすい

・興奮しやすくイライラする

・いつも不安感がある

・神経質である

・くよくよし、憂うつな事が多い

・疲れやすい

・眼が疲れる

・物事が覚えにくかったり物忘れが多い

・胸がどきどきする

・胸がしめつけられる

・頭が重い、痛い

・肩や首がこる

・背中や腰が痛む

・腰や手足が冷える

・手足(指)がしびれる

・最近、音に敏感である

更年期障害と自律神経

女性の50歳前後に起きる閉経にかかわる期間を更年期と呼び、この中で他の病気にともなわない症状を更年期症状と呼んでいます。更年期障害の主な原因はエストロゲンという女性ホルモンの低下でこれに、精神的ストレス、生活環境、加齢など様々な要素が加わる事で症状が出る事になります。

更年期障害と自律神経

自律神経とエストロゲン

卵巣にあるエストロゲンは、自律神経の中枢と同じ視床下部から指示を受けます。それが指示を出しても卵巣が働かない状態になると混乱が起き、症状に繋がります。その為、更年期障害でも自律神経失調症と同じような症状を出すという事になります。

症状

更年期障害の症状は、大きく3つ。のぼせ、汗、冷え、動悸、胸の痛み、息苦しさ、頭痛、めまいなどの「自律神経失調症状」、イライラ抑うつなどの「精神症状」、腰痛、食欲不振、皮膚のかゆみ、頻尿など「その他の症状」です。症状が多岐にわたる為、自己判断で放っておかれる事もあるこれらの症状ですが、中には病気があって出てきているものもあります。あまり重かったり長引く場合は、一度、病院で診てもらう事も必要です。

イライラ

イライラには、気持ちやストレスからくるものだけでは無く、ホルモンや自律神経からの影響も受けているところもあります。ここでは、イライラを引き起こすホルモンについて紹介していきます。イライラが続くような場合は、気持ちだけでは無く、生活を変え体調を整えるのも一つの方法です。

イライラ

ストレスのホルモンについて

本来、人はストレスに対抗しようとするとノルアドレナリンが出てそれに対抗しようとするのですが、時間がたちだんだん身体もくたびれてくるとホルモンも上手く対応できなくなって、イライラしたり、ちょっとした事で気分が落ち込むなどの問題が出る様になります。

女性ホルモンの影響

月経前症候群(PMS)や更年期障害などで女性ホルモンのバランスが崩れるとイライラするなど情緒不安定になる事が知られています。女性ホルモンには、体をリラックスさせたり、感情を穏やかにする効果があると言われています。

男性にも起こる更年期

最近、男性の更年期が問題になっていますが、男性ホルモンのアンバランスもイライラを引き起こす原因となります。男性も40~50代になると男性ホルモンであるテステステロンが減少し始め、集中力の低下ややる気の減退などに合わせイライラするなどの気持ちの問題が出る様になります。

 

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症リンク

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害リンク

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症リンク

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

はり・きゅう 一水堂 料金とアクセス

料金

料金について
一水堂は、なるべく身近で皆さんに近い治療院でありたいと思っています。その為、料金も抑え、通いやすくしてあります。対症療法によるその場だけの治療は問題の解決にはつながりません。つらい症状の根本からの改善をはかり明るい毎日を過ごしましょう。
 

料金表
初診料 1000円
一般 施術料 3500円
大学・専門 2500円
高校・中学 2000円
小学・幼児 1000円

一般の方
初めてのご来院の場合
 

 初回検査料1000円
+  施術料3500円
     計4500円
 

( 2回目以降は、3500円 )


治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

〒266-0032 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F

受付 9:00~20:00(日・祝日休み)

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

アクセス

はりきゅう一水堂アクセス

千葉南警察署の目の前になります。

千葉中央バス 千葉南警察署から徒歩1分

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分