だるさと鍼灸 その2

もう3ヶ月以上たつのに熱がひきません。

だるさの鍼灸治療

風邪をひいた後に熱が引かなくなったという訴えは意外に多く、熱が体のほてりや疲れを起こす事で体調不良につながります。

風邪もしばらくたつと咳や鼻水などの症状は無くなり、熱があっても風邪薬という感じでは無くなってきます。

その様な状態になっても熱が引かず、前ほどでは無いけど微熱が続いていたり、午後になると熱が出てくるといった症状を繰り返します。

放っておいて体が覚えこんでしまう前に対処していく事が大切です。

もうこの様になってくるとどこかにはっきり原因があるというより神経の調節やそのバランスがうまくいっていないという事の方が強くなり、ウィルスのせいという感じでは無くなってきます。

鍼灸の治療でも風邪のせいと考えどこかはっきりしたツボを選んで治療するというよりも全体のバランスを取る事で上手く熱が下がっていくように持っていきます。

長い人だと年単位でこの様な問題に悩まされるなど一度なると中々抜けない怖い問題でもあります。少しだからと放っておくのではなく、体が覚えこんでしまう前に早めに対処していく事が大切です。

 

朝起きぬけに調子悪く、食事を作る気にもなりません。

だるさの鍼灸治療

朝起きがけに体がだるいという訴えは意外に多く、色々な事を原因に起きます。

前日の夜寝れないという事があっても休んだ後なので体は動けて良いはずなのですが、なかなかそうはいきません。

ただ休んだから良いのではなく、体にはリズムがあって朝には朝の活動的な働き、昼間と夜にもそれぞれ時間に合わせた体の働きが要求されます。

朝だけを考えるのではなく、一日のリズムを整える事が大切です。

一日のリズムというのは、ただその時だけの問題では無く、この様にそれぞれがよく働き全体としてのバランスが取れる事で上手く動けるように体は出来ています。

体の不調がありどこか内臓が悪い様な時にもこのような事は起こりますが、そうでなくても気分の落ち込みや吐き気、疲れなど朝はバランスが悪い事で様々な症状を起こします。

朝が辛いから朝だけでは無く、昼は外に出て日の光を浴び、食事は決まった時間に食べ、夜は早く寝るなど広く生活のリズムを整える事が大切です。

 

夕方になると頭痛がして体が重くなります。

だるさの鍼灸治療

一日の中でも人によってきつい時間帯とそうで無い時間帯とがあります。病気の理由を考えると体調の変化などあまりかかわって来ない様に思いますが実際には症状は一定では無く大きく影響を受けています。

夕方に症状がひどくなる様な場合は、体がついていっていない事が多く、生活に対する工夫が必要ですがその様な場合でもただ悪くなるのを防ぐだけでは無く良くなる方に体を向かわせる必要があります。

健康な体を作り、治癒力を高めて治すという事が大切です。

特に疲れが溜まってくる事によって状態が悪くなるというような場合は、全身状態とのかかわりが深く、症状に対するものだけでは無い処置が必要になります。

血流や緊張、ストレスといったものも結局は全身の状態とかかわっています。辛い時は症状の事だけではなく健康な体を手に入れ自然治癒力を働かせて治すという事を考えることが重要です。

 

むくみが強く加圧ソックスを使わないと足がだるいです。

だるさの鍼灸治療

女性の方は、男性に比べ筋肉量も少ない為、体がむくみやすく、夕方になると足がパンパンになるという事も珍しくありません。

むくみは、ただ太くなるというだけでは無くだるくなったり冷えの原因になったりしてその人を悩ませます。

あまりひどいとそれをひきずって夜寝にくくなったり、痛みが出るなど放っておけなくなります。

身近な問題こそしっかりした対策が必要です。

肩こりや腰痛といったものもそうですが、普段からあり誰でもある様な問題の方がこじれた時は治りにくいものです。

加圧ソックスを使うのも一つの大切な事ですが、広く体を整え根本からの解決をはかる事が重要です。

 

のどの痛みがあり、中々良くなりません。

だるさの鍼灸治療

のどの痛みというのは、風邪以外でも起こる事があり、その様な場合は薬だけではなかなか良くなっていきません。

慢性的に体が弱く芯に冷えがある様な時に起こりやすく症状もセキや鼻水など風邪の症状があまり無くじりじりと痛みだけが続きます。

体を強くし根本からの解決をはかる事が大切です。

冷えというのは、分かりやすい様でも色々な事に係わるので簡単には良くならず、治療も少しずつ積み重ねていく事が必要です。

のどの痛みというのは、ひどくしなければいずれは消えるものですが、増悪を繰り返しなgく続くのは不快なものです。

体を強くし健康な生活を心がけるなど、ただのどの炎症を抑えるだけでは無い根本からの改善を考える事が大切です。

 

いつも元気なのに辛くなると人と話すのも嫌になります。

だるさの鍼灸治療

この様に気分の変調が出ると何か精神的な疾患なのではないかと考えますが、全てがそうという訳ではありません。

もちろん、あまり極端なものは問題ですが、気持ちの落ち込みや恐怖感といった気分の変調は、体調によっても左右されます。

気持ちというのは、よく体の影響を受けるものです。

人と話したくないというと「気を使うのがストレスになる」とか「あの人とは気が合わない」とか何かはっきり理由がある様に思いますが、実際にはそれだけで無く、お腹の調子やホルモンバランスなど色々な事が影響されていると言われていて最近ではその様な研究も多くされています。

気分の落ち込みというのは生活に大きく影響し、体の不調とはまた別にその人を追い込みます。考え方を変えるだけでは無く、体調の面からも問題に語りかけ、状態をあまりこじらせない様にする事が大切です。

 

お客さまの声

体に疲れがたまり変な症状が…

しんきゅうコンパス鍼灸患者の声
千葉県 男性

めまい、不安感、パニックの症状でお世話になっています。…数回受けている内に自然と緩和し…

めまい、耳鳴り、耳の詰まり…

だるい鍼灸患者の声
千葉市 男性

モヤモヤしていた部分が反応してスーと減るなどの経験…ハリは怖いイメージがありますが、その心配は全くない…

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

はり・きゅう 一水堂 料金とアクセス

料金

料金について
一水堂は、なるべく身近で皆さんに近い治療院でありたいと思っています。その為、料金も抑え、通いやすくしてあります。対症療法によるその場だけの治療は問題の解決にはつながりません。つらい症状の根本からの改善をはかり明るい毎日を過ごしましょう。
 

料金表
初診料 1000円
一般 施術料 3500円
大学・専門 2500円
高校・中学 2000円
小学・幼児 1000円

一般の方
初めてのご来院の場合
 

 初回検査料1000円
+  施術料3500円
     計4500円
 

( 2回目以降は、3500円 )


治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

〒266-0032 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F

受付 9:00~20:00(日・祝日休み)

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

アクセス

はりきゅう一水堂アクセス

千葉南警察署の目の前になります。

千葉中央バス 千葉南警察署から徒歩1分

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分