腰痛の原因

ここでは腰の痛みの原因について考えられるものをまとめてみました。

骨なのか?筋肉なのか?関節なのか?痛んでいる組織について

痛みが出た時、気になるのがその痛みがどこからきているのかです。今回は腰の痛みの組織を3つに分け、それぞれ痛みにどのような特徴があるのか見ていきたいと思います。

筋膜と関節の痛み
関節の痛み

背骨の関節は、後ろの方にあるので体をそらすような事をするとつまって痛みを出します。関節の痛みは、全体的に動き始めに痛みをひどくする傾向があるので、寝起きや立ち上がり動作といったものに影響が出てきます。つまると痛みがひどくなるものなのであまりぎゅうぎゅうと押して体をそる事は逆効果に繋がるおそれがあります。注意しましょう。

筋・筋膜の痛み

長期にわたる負荷や姿勢の悪さなどによって、繰り返し筋肉に無理がかかる事で痛みを出すようになります。筋の問題なのでレントゲンにはうつらず、離れた場所へ痛みを出す事もあるので痛みがはっきりせず「このあたりが痛い」といった表現になる事も良くあります。

椎間板の痛み

椎間板の痛みは、関節とは逆で体を前に倒す事で痛みがひどくなります。圧力がかかる事で症状が悪化するのでくしゃみや排便時のいきみなどでも腰に痛みを起こします。椎間板ヘルニアが有名ですが、ただ痛いだけでは無く悪化すると近くにある神経を刺激し、お尻や足の方まで痛みやしびれを出します。

痛みを起こしている筋肉

腰が痛い時は、グーッとその場所を押したりするものですが、腰の筋肉はただ緊張しているのではなく痛み方や部位によってそれぞれ理由が異なります。痛む部位を良く知り適切な対処を心がける事が重要です。

腰痛の筋肉
背骨の両脇にある盛り上がり
脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)

背骨の両脇にあって上の方まで盛り上がってついている筋肉です。腰が痛いといって腰の付け根ぎりぎりの所を押さえているような時は、この筋肉を押している事になります。広く背骨を支える様な働きがあるので何かとこの筋肉に負担がまわり、緊張をしいられます。

腰のわきにあるすじばり

腰方形筋(ようほうけいきん)

両脇に手をやるとちょうど親指がはまるところにある筋肉です。腰が痛い時に脇腹のあたりを押さえますが、その時に押しているのがこの筋肉になります。単独では体を横に倒す様に働きますが、脊柱起立筋とも共同して働くので腰が悪くなった時は起立筋と協力して張り腰を支える様になります。

グーッと押した中にある筋肉

多裂筋(たれつきん)

先に紹介した脊柱起立筋の一つです。脊柱起立筋は沢山の筋肉で出来ている筋の総称であり、実際にはそれぞれの筋に名前があります。多裂筋は、腰の奥の方にあり、背骨一つ一つの細かい安定に役立っています。同じ腰痛でも上の方と下の方では痛みが違かったり、左右で違う様な時はこの様な中の細かい筋肉の違いによる事もあります。

自分で出来る痛みの検査

腰の痛みは、仰向けになって足を上げた時、腰やももの後ろにどの様な痛みが出るかで、どこに原因があるのかをある程度予測する事が出来ます。腰の検査は何もMRIやレントゲンといったものだけではありません。足を上げるだけの簡単なテストですので気になる事がある様な方は誰かに手伝ってもらい状態を確認してみてください。

自分で出来る腰痛の検査
神経による痛み

神経による痛みは、ピリピリと鋭い痛みが起こるのが特徴です。足を上げ始めて70°ぐらいまでの間で痛みが起き、足先の方まで焼けたはりを刺されたような痛みが走ります。この時、足首をそらして症状がひどくなる様ならより更に疑いが強くなります。

椎間板による痛み

椎間板の痛みは、主に体を曲げた時に出ます。上向きの状態での足上げは、股関節からだんだんと腰を巻き込む動きに変わっていきます。腰を巻き込んだ動きは60°ぐらいからになりますのでそこから上で腰に痛みが来るような場合は椎間板の問題が疑われます。足が高くなるほど腰の上の方に問題がある事になります。

仙腸関節による痛み

仙腸関節の痛みは、だいたい30°くらいまでの浅いところで痛みだしてくるのが特徴です。ここに問題があると腰やお尻の辺りに嫌な痛みを出してきます。神経の痛みも比較的浅いところで起このですが、仙腸関節の痛みは足先まで行く事が無いのでその点で区別をする事が出来ます。

痛みの違いでみる腰痛

腰の痛みは、すべてがはっきり割り切れるものばかりではありません。痛みは、椎間板や筋肉からだけでは無く、病気やストレスなど様々な事を原因にしても起こってきます。痛みの現れ方をよく観察し、適切な対処をするようにしましょう。

痛みの違いでみる腰痛
自発痛(じはつつう)

ジッとしていても痛むときの痛み方です。どんな体制をとっても楽になるポジションが無く、またひどくなる事も無い様なものは、内臓からきた痛みである可能性があります。腰に痛みを出すものとしては、腎炎や結石、大動脈瘤、すい炎などがあります。特に食事や排尿など内臓の動きに関連して痛みが動いたり、腰から離れたお腹にも痛みがあるという様な時は要注意です。

運動時痛(うんどうじつう)

動いていない時は痛みが無いが、動くと痛みがひどくなる様なものの事を言います。ヘルニアやぎっくり腰など筋や関節に問題があるとこの様な痛みの出し方をします。ただ痛みが出るというだけでは無く、どの様なポジションで痛みがひどくなるのかというのも大切な情報になります。

関連痛(かんれんつう)

痛みの原因となっている場所とは別のところで感じる痛みの事をさします。これには先程自発痛のところでも挙げた内臓からのものの他、離れた筋肉から痛みを広げて出すトリガーポイントやもっと奥の関節からくるものなどがあります。いずれも押してここ!という感じが無く、はっきりしない痛みを起こすのが特徴です。

症状で確認する腰椎ヘルニア

ヘルニアというとレントゲンやMRIにうつらないと分からないものと思われますが、それだけでは無く起きている事からもある程度問題を探る事が出来ます。今回は、腰のどの部位にヘルニアがあるのかその高さとその時あらわれる症状について紹介していきたいと思います。

ヘルニアの検査
4番目のヘルニア

ヘルニアになると感覚、運動、痛みの面で問題が出ます。この高さの神経が障害されると、まず感覚では、足の内側の感覚がおかされやすく、痛みの広がりも内側、特に膝のあたりに痛みが出てきやすいので膝の問題と間違わない様に注意が必要になります。

5番目のヘルニア

5番目の高さのヘルニアでは、足の甲、2、3、4の指の辺りにしびれが出やすく、特に親指と人差し指の間の辺りにしびれがあるとここでの疑いが強くなります。痛みの広がりは、いわゆる坐骨神経痛と言った形で広く上の方から足の裏側を通って出てきやすく、最後足の所では足の甲に痛みを出します。

骨盤との境のヘルニア

ここのヘルニアは、足の裏に感覚や痛みの問題が出すというのが特徴です。痛みも途中までは5番のヘルニアと同じく足の裏側を通って行きますが、最後のところが足の裏になります。運動でも5番のヘルニアがかかと立ち、足を甲の方に持ち上げるのが麻痺して出来なくなるのに対し、ここのヘルニアは、つま先立ち、足を足底側に引く事が出来なくなるという違いがあります。

腰椎すべり症(ようついすべりしょう)

腰椎すべり症は、ひどくなると足腰の症状だけでは無く排便や排尿など生命活動にもかかわってくる問題です。しっかりと対処しひどくしない事が重要です。

腰椎すべり症
すべり症とは?

腰の骨は、積み木の様に骨が積み上げられて出来ています。すべり症は、これが前にずれる事で起こります。背骨の後ろには内臓や足に行く神経が納められているのですが、これが前にずれる事で引き絞られ、麻痺を起こしたり、痛みを起こすようになります。

どの様な人に多いか

腰椎すべり症は、年を取って組織がゆるんでくる事で起こるものとスポーツで起こるものの2つがあります。前者は、50~60歳の女性に多く、後者は、成長期の子供に多く起きます。年を取ってからのものは、閉経の時期と重なる為、女性ホルモンとの関係も言われています。

症状

腰の問題なので足腰の痛みも出ますが、特徴的なのは、間欠性跛行(かんけいつせいはこう)という下肢の症状です。ある程度歩くと足腰が重苦しくなりそれ以上歩けなくなります。少し休めば楽になりますが、同じことの繰り返しで、症状がひどくなるにつれだんだん歩ける距離や時間が短くなっていきます。

椎間関節性腰痛(ついかんかんせつせいようつう)

腰の痛みの原因の一つである椎間関節性腰痛(ついかんかんせつせいようつう)についてまとめました。この腰痛は、足の方にまで痛みを起こすのでヘルニアと似ていてまぎらわしい疾患です。原因を見極めて対処する事が重要です。

椎間関節性腰痛
椎間関節(ついかんかんせつ)とは?

椎間関節は、椎間板の後ろにあり腰の動きを方向付ける働きがあります。体を前に倒すと引き伸ばされ、後ろに反るとつまる様に動きます。問題が起こると関節面どうしが強く押し付けられる後ろに体を反る動作で痛みが出る様になります。

痛み方

長時間同じ姿勢でいたり、朝起きがけに症状が強くなる事が多く、体を反ったり、上から圧迫する様に押したりすると痛みが増します。痛みがひどくなると腰だけでは無くお尻や足の方まで嫌な痛みを出すようになります。

どの様な人に多いか

椎間関節性腰痛(ついかんかんせつせいようつう)は老化による関節の変形が大きな原因の一つになります。腰に負担がかかる動作や座りっぱなしの姿勢なども関係してきますが、特に中年以降の人は注意が必要になります。

ぎっくり腰

ぎっくり腰の問題は、痛みもさることながらその後クセになりやすいという点にあります。痛みを繰り返さない為には、早目の対処が重要です。電気などでごまかすのではなく出来るだけ早くにしっかりとした治療を受ける事が大切です。

ぎっくり腰
ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰は、急性腰痛(きゅうせいようつう)とも言い、急に強い痛みを起こす腰痛の事をさしていいます。重いものを持ち上げた時や腰をねじった時だけでは無く、ちょっとハサミを取ろうとした時やクシャミをした時などちょっとした事でも痛みが起こる事があります。

症状

ギクッ!とかキッ!と表現されるするどい痛みで始まり、強い痛みが出る様になると寝返りや立ち上がる事さえも困難になってきます。また、ぎっくり腰はクセになりやすく、その独特な感じは、ぎっくり腰の痛みだと二回目からは分かるという人も多くいます。

気を付ける事

急性の腰痛を起こす病気は他にもあります。特に、がんや白血病などの病気を一度したことがある人、ステロイドの使用が長い人、発熱や吐き気、強いしびれなどがある様な場合は、診察を受けておく事が大切です。また、圧迫骨折による腰痛も急な痛みを起こすのであまり年をいってから始めて痛めたという様な時は、その様な事も考えに入れておく事が必要です。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症とは?

背骨の中の神経の通る管が狭くなる事で腰痛や足のしびれを起こします。原因としては、積み上げられた背骨の一つが前にすべり落ちる事でギロチンの様に神経を挟み込むすべり症によるもの、ヘルニアや変形して出来た骨による圧迫、靭帯の肥厚など病気によるものがあります。

症状

腰の回りが重苦しく、痛みや張りが起こります。特に足にしびれが起きやすく、歩くとしびれがひどくなり苦しくなって休みまた歩き出す間欠性跛行(かんけつせいはこう)が特徴です。ひどくなると尿や便の感覚が分からなくなり、周囲に異常な感覚を起こすなど危険な状態に陥る事もあるので注意が必要です。

注意点

脊柱管狭窄症は、変形やすべり症など長年にわたる腰への負担が溜まって起こる事が多いので、中年から高齢の方や重労働や長時間の運転など腰に負担の来るような生活を続けている人、何度も腰を痛めている様な場合は起きやすくなっているので注意が必要です。

シップ・薬の使い方

最近は、市販薬でも色々な種類の薬がおいてありますが、使う時はどの様なものがいいのか、どうやって使ったらいいのか今一はっきりしません。ここでは、それぞれの特徴と使い方について紹介していきます。

腰痛のシップの使い方
シップ・塗り薬

痛い直接使えるものというとシップと塗り薬の2つがあります。どちらも皮膚から薬が染み込む事になりますが、塗り薬には即効性、シップには長時間効くというそれぞれの特徴があります。状態に応じて使い分けると効果的です。

飲み薬

シップや塗り薬より痛みの強い時に使う手段になります。炎症を止める為の成分が胃腸から吸収され、全身に回るので、胃が痛くなりやすいなどの問題があります。胃腸の問題が出るような場合は、お医者さんに相談するなど対処が必要になります。

座薬

痛みがかなり強い時に考えられる手段です。薬やシップなどより効果が強いので長期にわたり、繰り返し使うという事になると体の負担となります。この様な手段を使いつつ早くに痛みの悪循環から抜け出す事が必要です。

治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668
住所
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F
営業時間
午前 9:00~20:00
休業日
日曜・祝日
 
午前 ×
午後 ×

臨時休診する場合があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分