妊娠に影響を与える疾患

ここでは妊娠に影響してくる疾患と骨盤内の血流を悪くする問題を紹介していきます。

子宮筋腫(しきゅうきんしゅ)

子宮筋腫

子宮筋腫とは?

子宮筋腫は、子宮の筋層に出来る良性の腫瘍です。40歳の女性の4人に1人が持っていると言われほど多く小さいものも含めればほとんどの女性にあると言われています。自覚症状が無い場合もあり不妊の検査などで初めて気が付くなどという事も珍しくありません。

症状

一番出やすいのは、生理の量が多くなり、生理痛が強くなる、それとは気づきにくい症状が主なものになります。出来る場所によっても症状が変わり、内側の粘膜に近いものの場合は出血しやすくなります。出血があまりに多くなると顔色が悪くなる、立ちくらみ、だるい、動悸など貧血の症状がでます。

注意点

子宮筋腫は、自覚症状の薄いものもあり放っておかれる事もありますが、あまり大きくなると他の臓器を圧迫し、便秘や頻尿、下腹部の張りや腰痛などを起こす事があり、人によってはそれによって妊娠しにくくなったり、流産の原因ともなるので経過をみる時はその様な事を考える事も必要です。

PMS(月経前症候群)

PMSや生理痛には、色々な事が影響しますが血のめぐりの悪さもその一つです。卵巣への血のめぐりの悪さは、卵が育ちにくくさせ、定期的な排出を阻害するので排卵の周期が不順になったり、生理前のさまざまな不調(月経前症候群:PMS)を起こします。またその様な時は、スムーズに経血も排出されないので、生理痛がひどくなったり、だらだらと生理が長引いたりするというトラブルにも繋がります。

月経目症候群

PMS(月経前症候群)とは?

PMS(月経前症候群)は、生理が始まる前の1~2週間に起こるイライラ、腹痛、眠気、頭痛などの症状の事をいいます。この時期は排卵後で女性ホルモンの変化が起こるのでその事が影響していると考えられています。

症状

症状は、大きく3つ、落ち着かない、ボーっとする、不眠または強い眠気など全体的なもの、だるさ、疲れ、むくみ、腰痛、胸の張り・痛みなど身体的なもの、イライラ、憂うつ、孤独感など精神的なものに分けられます。

注意点

PMSは女性のほとんどが体験している問題ですが、それがひどい人とひどくない人がいます。ストレスや喫煙、飲酒の習慣がある様な場合は、その事が体の冷えを招いたりイライラを強くして問題をひどくさせている可能性があります。あまり症状がひどいという人はこれらの事を一度見直してみるのも大切な事です。

子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)

子宮内膜症

子宮内膜症とは?

本来、子宮の中に出血しはがれていく組織が本来あるべきところ以外の場所に出来る事で月経痛をひどくしたり、不妊の原因になったりするものです。女性なら誰でも起こる可能性がありますが、30代、40代と年齢が上がる毎に発生率が増加する傾向があります。

症状

とんでいった組織がどこにあるのかで症状は変わりますが、生理の時にズキズキとうずく痛みが続く様になり、普段の生活でも腰痛や下腹部痛、場合によっては性交痛や排便痛なども起こる様になります。また、特に症状が無かったが不妊の検査で内膜症が見つかるなど不妊症とのかかわりも深い疾患でもあります。

注意点

子宮内膜症(しきゅうないまくしょう)は、ひどいものではお腹の中の組織が癒着を起こし、痛みがひどくなっていったり、排出されない経血のふくろが破裂してお腹の中に血液が漏れてくる様な事もあります。あまりひどい生理痛がある場合は一度見てもらい、問題が無いか確認しておくことが必要です。

骨盤内の血行を悪くする問題

生理痛とホルモン

生理痛とホルモン

プロゲステロン

生理痛に直接関係するホルモンになります。このホルモンには子宮内膜をふかふかにし、卵を着床しやすくします。このホルモンの出が悪くなると子宮内膜をはがれにくくし、痛みを強くします。

エストロゲン

エストロゲンもプロゲステロン同様生理に深くかかわるホルモンになります。自律神経や感情の動きにも関係が深く、特にこのホルモンの減少する更年期では、のぼせや頭痛、イライラ、骨粗しょう症などの問題が起こります。

プロスタグランジン

このホルモンは、子宮を収縮させ、剥がれ落ちた子宮内膜を経血として身体の外に押し出す働きがあります。このホルモンには血管を収縮させ痛みを強くする作用もあるので上手く分泌されていないと下腹部や腰の痛み、頭痛、胃痛など様々な症状を引き起こします。

タイプ別 生理痛対策

東洋医学では大きく3つ次のような原因があげられます。体調が整っていれば痛みもほとんど無く、PMSなどの症状も出ないのが本来の生理です。生理痛のコントロールは普段の生活が重要です。ポイントを抑えて上手に痛みを乗り切りましょう。

自分でできる生理痛対策

ドロドロ血タイプ

生理痛がひどく、刺すように痛む、経血の色が悪かったり、かたまりになって出てくるというのがこのタイプです。長時間座りっぱなしにならない様に休憩を取って身体を動かしたり、サラダや刺身の様なものをなるべくさけ、熱を通した食べものを取るなど、めぐりを良くし身体を冷やさないようにする事が大切です。

気づまりタイプ

このタイプの人は、生理周期が不定期になりやすく、生理前には、イライラして情緒不安定になる他、胸がはったり、咽が詰まったりするPMSの状態が強く出ます。人よりストレスに弱いところがあるのでハーブやレモンなどの柑橘系のものを使って気の発散を助けてあげたり、普段から時間に余裕を持って動くなどストレスをためない工夫をする事が必要です。

エネルギー不足タイプ

経血の量が少ない、めまいや動悸、立ち眩みがする。生理の後半に症状が強くなりお腹が痛む。身体がだるい、顔色が悪く肌もかさつきやすいという症状をだすのがこのタイプです。体内の血が不足してうまくめぐっていかないので、クコの実やくるみ、黒ごま、もち米など身体のエネルギーになる食材や、赤身の肉やレバーなど血を作り身体をしっかりさせてくれる食材を多くとる事が大切です。

痔(じ)

痔は、お腹の中の血の巡りや冷えがあると起こる疾患です。症状もただ痛いというのではなく、それがあるために便秘になりやすかったり、出てもスッキリしないという問題を起こし、骨盤内の血のめぐりを悪くします。身近な問題ですが、ひどくなると色々と悪影響を及ぼすものでもあるのでひどくしない事が重要です。

痔

外痔核(がいじかく)

一般的にいぼ痔と言われるものです。肛門の出口あたりにイボの様な核ができ、それが腫れ炎症を起こします。この痔は出血は少ないのですが炎症をひどくして腫れると強く痛みます。アルコールや辛い物の取り過ぎ、下痢やストレスなどに反応して状態を悪くするので注意が必要です。

内痔核(ないじかく)

肛門の中の方に出来る血豆によるイボです。便秘でトイレの時間が長かったり、妊娠や出産がきっかけで起こります。痛みが殆どないので、排便時の出血や肛門から飛び出して起こる異物感があって初めて気づく事もあります。

切れ痔

肛門付近の皮膚が切れたて痛みを起こします。固い便を無理に出そうとした時や慢性的な下痢による炎症が原因になります。排便時に痛みと出血を起こし、繰り返すと潰瘍やポリープが出来るようになり状態が悪化します。

タイプ別 便秘対策

便秘は、骨盤内の血の巡りを妨げる原因となり、症状もお腹が気持ち悪いだけでは無く、肌荒れやむくみ、吹き出物など様々な問題を起こします。よく観察して自分の体にあった解消法を見つけましょう。

自分でできる便秘対策

熱がこもってなるタイプ

胃腸の中に熱がこもる事で水分が少なくなり便秘となります。お腹がはって苦しくなりやすく、顔がほてり、暑がりで汗っかきというのがこのタイプになります。ひどくなると口が渇き、口臭などもでる様になってきます。辛い物や味の濃い物を常にとる事は胃腸に熱をもたせ便秘の原因となるので注意をしましょう。

流れが悪いタイプ

腸の働きが悪くなる事で起こる便秘です。このタイプの人は、トイレには、行きたくなるが出ないといった感じの便秘を起こしやすく、口が苦い、げっぷがよくでるなどの症状も出します。ストレスで気がうっ滞したり、座りっぱなしで一日中動かないという事が症状をひどくさせますので、こまめに休憩を取って時間がある時は散歩をするなど、上手く気を巡らし腸の働きを活発にするようにしましょう。

体が弱いタイプ

体が弱り腸に元気がなくなる事で起こる便秘です。便が固く、排便時に息切れがしたり、長く状態をこじらせやすいのがこのタイプです。冷え、疲れ、めまい、血色が悪いなどの症状も合わせて出します。過労や老化に伴って起きるので体を強くするような食事や生活が大切になります。卵や肉、ニンジンやシイタケなど気血を補う食材を積極的に取る様にしましょう。

治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668
住所
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F
営業時間
午前 9:00~20:00
休業日
日曜・祝日
 
午前 ×
午後 ×

臨時休診する場合があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分