耳鳴りを起こす疾患

ここでは耳鳴りを起こす疾患と原因について紹介していきます。

 

耳鳴り・難聴の原因となる場所

耳と言うのは、あまりなじみが無くどうなっているのか中々想像もつかない所ですが、自分の状態を知るのは大切な事です。難聴は、音が伝わるどこかの経路に問題があるために起こります。耳は、外耳(がいじ)、中耳(ちゅうじ)、内耳(ないじ)の3つに分けられます。

年による難聴の原因

外耳(がいじ)に問題があるもの

耳の一番外、耳かきをするあたりが丁度この外耳(がいじ)にあたります。ここで起こる難聴は、伝音難聴(でんおんなんちょう)と言われ、通路にものが詰まり音を伝える事が出来なくなる事で起こります。耳あかや炎症、出来物、それ以外にもこの通路が狭くなるような事があると難聴に繋がります。

中耳(ちゅうじ)に問題があるもの

中耳(ちゅうじ)は、鼓膜を使って振動を伝える働きをしています。中耳炎で耳の聞こえが悪くなるのは、ここに炎症や水が溜まるせいで、これも音を伝える事が出来ない難聴、伝音難聴(でんおんなんちょう)に分類されます。また、この部位は圧の変化にも敏感で、飛行機の離着陸や鼻をかんだ時に耳が詰まった様になるのはここが関係しています。

内耳(ないじ)に問題があるもの

外耳、中耳ときて、最終的に音を神経が受け取れるようにするのが内耳(ないじ)です。場所は耳の一番奥になり、加齢性難聴、突発性難聴、メニエール病、多くの病気がここで起こります。ここでの難聴は音を感じる事が出来ない事でおこるものという事で、感音性難聴(かんおんせいなんちょう)と呼ばれます。

突発性難聴(とっぱつせいなんちょう

突発性難聴

突発性難聴は、耳の奥にある音を聞く器官が障害される事によって起こります。原因にはウィルスや血流などが挙げられていますが、まだはっきりしていません。いずれにしても早期の治療が重要で症状がでてどのくらいで治療を始めたかという事がその後の状態に大きく影響します。

症状

突発性難聴の出方は、あいまいな感じのものは少なく何をしている時に起こったのかはっきりしていて、それが突然、急に起こるのが特徴です。症状は片方の耳に起こり、耳鳴りやめまい、吐き気などの症状を伴います。

注意点

突発性難聴に似た症状を起こす疾患に聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)という耳の腫瘍による疾患があります。腫瘍自体は良性なのですが、症状が突発性難聴に似ていて急な耳鳴り難聴を起こす事があります。突発性難聴を起こした時はこの様な事にも注意が必要です。

注意点

突発性難聴が分かるとまずはすぐにステロイドによる治療が行われます。この治療は効果的で劇的に良くなる事も多いのですが中には症状がとり切れない事もあります。ステロイドによる治療は強いものなので繰り返しは出来ませんが、体は放っておくとどんどん治る力を失っていきます。何か他の対処を考える時も早目に行う事が重要です。

耳鳴り難聴と脳の病気

耳鳴りと脳の病気

脳卒中(のうそっちゅう)

脳卒中は脳の血管に起こる障害で、血の塊のつまる脳こうそくと血管が破れる脳出血とがあります。この場合の耳鳴りは雨の様にザーザーという音がしたり心臓の鼓動の様な音がします。また、耳鳴りだけでは無く、フワフワとしためまい、ろれつが回らない、手がしびれる、頭痛などの症状も伴います。

脳腫瘍(のうしゅよう)

脳腫瘍の初期症状は、耳鳴り難聴、慢性的な頭痛、言語障害、原因不明の吐き気、片手足の麻痺などです。脳卒中でも似たような症状が起こりますが、脳卒中の方が突然血管がやられる分、急に症状を起こす事になります。ただ、いずれにしても早目の処置が必要になるのでこの様な症状がある場合は、一度病院で診てもらう事が重要です。

聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)

耳にいく神経に出来る良性の腫瘍です。この場合、先の脳腫瘍とは違い、他の臓器に転移したり、急に大きくなるような事はありません。多くの場合、聴力の低下から起こり、耳鳴り、めまい、ふらつき、顔と舌のしびれなどの症状を出します。良性なので経過観察など状態をみて治療が選択される事になります。

年をとると出てくる難聴の原因

年を取ってからの難聴は男性の方が多く、症状も強く出る傾向があります。早い人は30代からその機能が低下すると言われています。血管の状態やコレステロールに気を付け、普段からの予防が大切です。

年による難聴の原因

コレステロールの沈着

音を感じとる神経の手前には、伝ってきた振動を伝える場所があります。そこにコレステロールなどが溜まると音が上手く伝わらなくなり高音が聞き取れない難聴がおこります。中年以降に起きやすく、普段から高脂血症やコレステロールの数値が高い様な人は注意が必要です。

音を感じとる神経の問題

耳の奥には、音の振動を感じとる神経がありますが、年を取るとこの神経が少しずつ数が減っていきます。老人性難聴では、キーンという高い音から聞こえにくくなっていくという特徴がありますが、それはこのやられる神経が高い音のものからやられていくという事に起因しています。

細かい血管の障害

音を聞くには、その為の神経を栄養する血液が必要になります。年を取るとこの血管が委縮し、上手く栄養がいきわたらなくなってきます。すると全体的に聴力が低下し、上手く音が聞き取れなくなります。この場合、言葉は比較的はっきり聞こえるのですがゆっくりと全体的に聴力が落ちていくという難聴を起こす事になります。

特発性難聴(とくはつせいなんちょう)

特発性難聴

特発性難聴とは?

特発性難聴は、原因がはっきりせず耳の感度が悪くなる感音性の難聴です。突発性難聴とよく混同されますが、突発性難聴は片方の耳に起こり、症状が起こった時の状況も比較的はっきりしていて急に起こる事が多いなど違いがあります。

症状

両耳に難聴が起こり、徐々に難聴が進む事で聞こえが悪くなっていきます。難聴には、耳鳴りやめまいなどの症状も一緒に起こす事があり、聞こえの悪さとともに生活の質を落とします。めまいをともなう耳鳴り難聴というとメニエール病が有名ですが、メニエール病とは原因がはっきりしないという点で違いがあります。

注意点

難聴は老化にも関係があるのでその様な可能性も考えられますが、実際には起こる年齢が若かったり、進行の度合いが違うなど特発性難聴とは違いがあります。原因が不明という事ですが、進行する疾患でもあるので定期的な診察を受け進行の度合いなどを確認しておく事が重要です。

騒音性難聴(そうおんせいなんちょう)

騒音性難聴

騒音性難聴とは?

騒音性難聴とは、大きな音を聞いた後耳に起こる聞こえづらさが耳に問題を残す形で続いていくものをさします。大きい音や強い衝撃は鼓膜にダメージを与え、時にやぶる事がありますが、生活の中の騒音や音楽などによる大きな音も耳にダメージを与え、実際に検査では聴力の低下を確認します。

症状

症状は、難聴に加え、耳鳴りやつまった様な感じなど耳の違和感を訴えます。特に初期は耳鳴りや耳籠り感など違和感を感じる症状が中心で、その繰り返しでだんだんと難聴が起こってきます。

注意点

騒音性の難聴は、特に有効な手がある訳では無く進めば高度な難聴を起こす事もある予防が重要な疾患です。特に早期は、声をかけられたときの気づきが少し悪くなった、うるさい中での会話が不自由になったなど、難聴が起きている事に気付かない事も多いので注意が必要です。

低音障害型感音難聴(ていおんしょうがいがたかんおんなんちょう)

低音障害型感音難聴

低音障害型感音難聴とは?

低音障害型感音難聴は、急に片側の耳に起こる難聴です。20代~40代の女性に起こり、一度起こると再発して繰り返す傾向があります。ストレスや寝不足など不規則な生活など生活習慣がかかわっていると言われているので問題のある場合は、生活を整える事が重要になります。

症状

片方の耳に起こり、低い音が効きにくくなります。難聴というと突発性難聴の様に全ての音域が落ちて聞こえなくなるものもありますが、この疾患では特に低い音が聞こえなくなり、難聴の程度も突発性難聴ほど強くでるものではありません。その為、難聴よりも耳鳴りや耳の詰まった感覚など随伴する症状が目立つのもこの疾患の特徴の一つです。

注意点

急に起こる難聴に突発性難聴がありますが、それとは難聴の強さや再発を繰り返すという点が違ってきます。比較的聴力も戻りやすく、強い薬も使わなくて済みますが、繰り返し起こり長く続くという点では厄介な面もあります。早期に治療を始め早目にしっかりとした対処をしていく事が重要です。

メニエール病

メニエール病

メニエール病とは?

メニエール病は、めまいと耳鳴り、難聴などを一緒に起こす問題です。耳の奥にある神経の集まる場所がむくむ事で症状を起こします。一度起こすと再発する事も珍しくなく人によっては何度も症状を繰り返します。ストレスが深くかかわっていると言われており、薬だけでは無く生活を整え自然治癒力を高める事も重要なポイントになります。

症状

グルグルと回る回転性のめまいとともに耳鳴りや難聴を起こします。一回の発作はそれほど長く続くものではありませんが、繰り返していく事で症状が抜けにくくなり慢性的な症状へ移行していきます。発作では、頭痛や冷や汗、吐き気や動悸なども一緒に起こす事があります。

注意点

メニエール病は、慢性的な問題になる事も珍しくありません。ストレスと関係が深いと言われており、自律神経失調症やホルモンバランスの乱れなどストレスの耐性が弱くなる問題があると状態もこじれやすく問題から抜け出せなくなります。耳の調子だけではなく全体の治癒力を高めて対処する事が重要です。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分