めまいを起こす疾患

ここでは、めまいを起こす疾患について紹介していきます。

 

めまいの原因

めまいに関係するところ

めまいに関係する場所

めまいで悪いところというとまず目が思い浮かびますが、それ以外にも体の傾きを知るための器官が入っている耳、頭を支える首、それをまとめる脳などがめまいには関係しています。

めまいの起こる場所と病気

光過敏性発作(ひかりかびんせいほっさ)や高所恐怖症など視覚情報からのめまい、メガネがあっていない、長時間のパソコンなどからくる疲れ目からくるめまい

メニエール病、良性発作性頭位めまい症(りょうせいほっさせいとういめまい)、前庭神経炎(ぜんていしんけいえん)、中耳炎、外リンパ瘻(がいりんぱろう)

脳と神経

起立性低血圧、脳梗塞、脳出血、椎骨脳底動脈循環不全(ついこつのうていどうみゃくじゅんかんふぜん)、聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)

頸椎性めまい(けいついせいめまい)、むち打ち損傷

症状で見分けるめまい

症状で分けるめまい

症状の出方で見分けるめまいのタイプという事でそれぞれの病気でめまいの感じがどの様に変わっていくかを紹介していきます。

突然起こり少しずつ回復していくもの

急に起こるめまいで考えられるものには、脳卒中や突発性難聴(とっぱつせいなんちょう)があります。起こる場所にもよりますが脳卒中の場合はめまいが強く、突発性難聴の場合はめまいは軽く耳の症状の方を強く感じます。

 
症状が治ったり悪化したりを繰り返す

中々治らず、治ったと思ったらまた出るという出方をするのがメニエール病です。毎週めまいが起こったり、月に一回ひどいのが来るといった形で中々落ち着きません。また耳の中のリンパの流れが悪くなるので耳鳴りや難聴を伴うといった特徴があります。

 

症状が治ったり悪化したりを繰り返す

中々治らず、治ったと思ったらまた出るという出方をするのがメニエール病です。毎週めまいが起こったり、月に一回ひどいのが来るといった形で中々落ち着きません。また耳の中のリンパの流れが悪くなるので耳鳴りや難聴を伴うといった特徴があります。

 

徐々に症状がひどくなっていくもの

腫瘍によるめまいの場合はこの様な経過をたどります。腫瘍には耳の神経に出来るものと脳の中に出来るものの2つがあります。場所によってめまいに合わせて出る症状が変わりますが、どちらも症状が徐々にひどくなっていくという経過をたどります。体のふらつき、手足や顔のしびれ、物が二重に見えるなどの症状がある場合は要注意です。

 

手足がしびれたり、ものが二重に見える (脳に問題がある場合)

脳の病気である場合は、めまいが起こるだけでは無く一緒になって他の神経も障害される事があります。その様な時は、めまいの時期に重なって、手足のしびれ、物の見え方、ろれつが回らないなどの症状も一緒に出ます。今までにない様なめまいを起こした時は注意が必要です。

 

耳鳴りや難聴など耳の症状を伴う(耳に問題がある場合)

耳の中では、音を聞く為の場所にバランスをとる為の器官が隣り合っています。耳が原因のメニエール病の様なめまいは、めまいの他に耳鳴りや難聴、耳のつまり感など本来の耳の働きの方にも支障をきたす事になります。脳腫瘍や脳卒中の場合も起こらない訳ではありませんが、耳に症状がある場合はこちらの可能性が高くなります。

 

グルグル回るめまい (耳に問題がある場合)

一般的に、原因が耳に近いものの方が回転する様な強いめまいを起こし、脳に近いものの方がフワフワと揺れ動く様なめまいを起こすと言われています。しかし実際には、脳のどこに問題があるかでこれも変わってくるので色々な事と合わせて考えていく事が重要です。

耳が原因で起こるめまい

めまいに関係する耳の器官

耳が原因で起こるめまい

耳の奥には、音を聞く場所の他に動いている方向や頭の傾きを知る器官が備わっています。

音を聞くところ 蝸牛(かぎゅう)

蝸牛(かぎゅう)は、ちょうどカタツムリのカラのようになっていてこの中に振動が伝わる事で音が分かる様になっています。この部分は、めまいに関する器官と隣り合わせている為、一緒に問題が起こる事が多く、メニエール病の時は、自分のまわりがぐるぐる回る様な回転性のめまいに、耳鳴りや難聴、閉塞感を合わせて出します。

頭の動いている方向を知る 半規管(はんきかん)

半規管(はんきかん)は、水の中に浮くわかめの様なもので、電車の停車時など頭が振られると中で一緒に振られそれがどのくらいの強さだったのか分かる様になっています。実際には水では無くリンパ液の中を動くのですが、メニエール病ではこのリンパの流れがおかしくなるので、ぐるぐると回る様なめまいを起こします。

 

頭の傾きを知る 耳石器(じせきき)

小石の乗った皿を傾けると一方に寄りますが、耳の中にも耳石器(じせきき)と言ってこのお皿と同じような器官が備わっています。頭の傾きをこの耳の石の偏りで察知するのですが、この石が皿から浮いて色々な所を刺激する様になると、良性特発性頭位めまい症(りょうせいとくはつせいとういめまいしょう)というめまいになります。このめまいの場合、石が動きやすくなっている特定の方向に頭を動かすとめまいがひどくなるという特徴があります。

自分でできるめまいの検査

自分でできるめまいの検査

めまいの検査にも色々ありますが、ここではめまいの状態がどうなっているのかを知るための検査を紹介していきます。

 
立ち直り検査

直立して目を開けている時と目を閉じている時、それぞれの体がゆれを見ていく検査です。メニエール病など耳に問題がある場合のめまいでは、閉じると揺れが強くなるという特徴があります。めまいが強い場合は、倒れる可能性もあるので近くですぐ支えられる様だれかいる所で行う様にしましょう。

 

足踏み検査

目を閉じて30秒間その場で足踏みをします。どちらの耳が悪いのか、その状態に応じて問題のある方向に体が動いていきます。状態にはよっては大きく動いたり、倒れる事もあるのでこれもやはり回りで支える人が必要になります。

 

注意点

耳の遠くで指をこすってならし、だんだん近づけていきどのくらいで聞こえるかを確認します。直接めまいの検査ではありませんが、めまいがある時は耳の問題も合わせて出す事が多いので、めまいに合わせて聞こえの状態を確認しましょう。

 

これらの検査は、今の状態や症状の程度を知るのに役立つものです。どれも普通なら簡単に出来る事ですが、めまいがある時は、それが出来なくなっています。もし行う場合は、周りにものが無いところで協力する人を付けて行う様にしてください。

 

良性発作性頭位めまい症

良性発作性頭位めまい症

めまいと言っても原因は色々あります。特に良性特発性頭位めまい症とメニエール病は、めまいの中でも多い原因の一つです。

 
良性発作性頭位めまい症とは?

耳の中にある石が回転を感知する場所に入りこむ事でめまいを起こします。頭位めまい症は、耳が原因で起こるめまいの中で最も多いものですが、比較的経過は良く、発症してもしばらくすれば症状は無くなっていきます。

症状

石が動く事でめまいが起こすので頭を動かしたときにめまいが起き、グルグル回る回転性のめまいを起こします。急激に短い時間のめまいが起こるのが特徴で、めまいの発作は長くても数十秒ぐらいでおさまります。

 

注意点

伸びをするようにして上を向いたり、朝起きようとして頭をあげた時など何気ない動作で急激にめまいに襲われます。ひどい時ははく事もありますが、このめまいの特徴として難聴や耳鳴りが起きないという事があります。同じめまいでもその様な場合は、メニエール病などの疑いが強くめまいも長引く可能性があります。まずはしっかりとした検査が必要です。

 

メニエール病

メニエール病

メニエール病は慢性のめまいがある時に多く付けられる診断です。

メニエール病とは?

メニエール病は身体の平衡感覚(へいこうかんかく)を主る内耳という所がむくむ事によっておこる病気です。ストレス・睡眠不足・疲労・気圧の変化が発症に関係していると言われており、現代社会では特に増加傾向にあります。

 

症状

メニエール病は、耳の中で起こる病気なので症状はめまいだけでは無く、耳の閉塞感や耳鳴り、難聴など耳の症状も一緒に起こします。基本的には、周りの景色がぐるぐる回る様な回転性のめまいを起こし、一度起こると数十分から数時間めまいが続きます。人によっては毎日だったり、週に一回、月に一回とめまいの発作を繰り返します。

 

注意点

メニエール病は、性格的に神経質な人、几帳面な人がかかりやすく、その背景には、対人関係や仕事の影響など、身体だけの問題では無くストレスや生活習慣なども深くかかわっています。生活の見直しをはかり、自然治癒力を働かせる事も大切なポイントとなります。

 

血圧とめまい

起立性低血圧(きりつせいていけつあつ)

起立性低血圧

起立性低血圧は、立ち上がるとクラッとくるめまいがひどくなったもので、立ち上がりだけでは無く長時間立っていても冷や汗が出るなどの症状がでます。学校で子供が立っていられずにしゃがみ込む姿が有名ですが、子供だけでは無く成長した後でも20~30代の女性や高齢者などを中心に症状がみられます。

 

どうして起こるの?

自律神経の乱れが主な原因と言われています。疲労やストレスなどによって自律神経が正常に働かなくなると、血圧を一定に保つ事が上手く出来なくなり、立ちあがりなど急な変化に血圧を合わせる事が出来なくなりめまいを起こします。

 

生活での注意点

まずはゆっくり動く事を心がけ、毎日の生活を整えていく事が大切です。神経は筋肉とは違うので追い込めばその分鍛えられるというものではありません。早く動くのに体を慣れさせるのではなく、規則正しい生活を送り体が急な変化に耐えられる様にしていく事が重要です。

 

低血圧

低血圧とめまい

低血圧は、最高血圧100mmHg以下のもので、全身を流れる血液の勢いが弱くなっている状態をさします。特に病気が無く起こる様なものは、やせ形の女性に多くみられます。何か病気があって二次的に出ているもの以外は、基本的に特に治療をする事はありません。

 

症状

朝がつらい、すぐに疲れる、頭痛が頻繁に起こるなどを中心に、めまい、立ちくらみ、動悸、冷え性、肩こり、食欲不振などの症状を起こします。

 

病気によって起こる場合

低血圧は、元々体が弱い事で起こるものだけでは無く、心臓、腎臓、脳神経の病気や多量の出血がある様な場合、それを原因に低血圧起こす事があります。また、降圧剤や抗うつ剤の副作用によって起こす事もあるので注意が必要です。

 

高血圧

高血圧とめまい

高血圧とは、収縮期血圧が140mmHg以上または拡張期血圧90mmHgの状態を言います。血圧が高くなると血管が細くなり、血栓がつまりやすくなったり、血液がドロドロとして流れにくくなります。

 

症状

基本的には無症状ですが、人によっては、めまいや頭痛、動悸や息切れ、むくみ、肩こりなどを起こす事があります。高血圧の怖いところはめまいだけで無くその後に重大な問題につながっていくところにあります。高血圧でこれらの症状を出している様な場合は特に注意が必要です。

 

注意点

高血圧は、ただそれだけでは無く肥満や糖尿病、高脂血症が合わさる事で状態が悪くなり危険度もあがります。高血圧があるような時は、ただ薬で数値を管理するだけでは無く生活をあらため健康な状態になるよう努力していく事が重要です。

 

貧血とめまい

貧血

貧血とめまい

貧血は、酸素を運ぶ赤血球が少なくなる病気で、これになると全身に酸素が運べなくなり様々な症状を引き起こします。顔色が悪い、疲れやすい、胸の痛み、立ちくらみ、動悸、息切れ、めまい、耳鳴りなど一見かかわりが無い様な事まで広く関係してきます。

 

貧血の原因

ダイエットや偏った食事

血液は、常に作られていますが、外食やインスタント食品が続いたり、偏ったダイエットを続けていると血液を作る材料となるたんぱく質や鉄分、ビタミンCなどが不足し貧血の原因となります。

 
妊娠や授乳によるもの

妊娠中や授乳では、胎児や母乳に鉄分を使われるので鉄分が不足し貧血を起こす原因となります。妊娠中はつわりなど色々な症状が出る時期ですが、貧血になると心臓や肺に負担がかかるので、普段より疲れやすく、何でもない事でも動悸や息切れを起こすようになります。めまいや耳鳴り、立ちくらみ、食欲が無いなどの症状にも注意が必要です。

 
病気による持続的な出血

女性の場合、毎月の生理があるのでその時に子宮筋腫や内膜症などの問題があると経血が多くなったり、不正出血が起こり貧血の原因となります。それ以外でも消化器のがんや潰瘍、ひどい痔などの持続的な出血が続く場合は、貧血を起こす事があるので注意が必要です。

 
更年期に起こる月経異常

更年期になるとホルモンバランスが乱れ月経周期や経血量に変化が起こる様になります。月経周期が乱れるこの時期は、不規則な出血が起こる事も多く、月経後にだらだらと続き止まらないという事もあるのでそこから繋がる貧血などの問題にも注意が必要です。またこの年代になると生理不順や不正出血という事だけでは無く、子宮がんや筋腫などの病気である可能性も出てくるので気になる場合は、早目の対策が必要です。

 

めまいに関係する問題

眼精疲労(がんせいひろう)

眼精疲労とめまい

眼精疲労は、ただの目の疲れとは違い、一日休んでも中々疲れがぬけず他のところにも頭痛や吐き気、肩こりなどの症状を出すものの事を指します。目の疲れ方もただ辛いというだけではなく、まぶしさやかすみ、充血、目の痛みなど色々な症状を伴います。

 

ドライアイ

眼精疲労は、極端な目の使い過ぎや目に何かしらの問題がある時に起きます。目に問題がある場合で最も多いのはドライアイで、涙がかわく事で充血や痛み、目の疲れを起こすようになります。ドライアイは眼精疲労患者の6割がかかっていると言われています。

 

注意点

最近では、仕事でパソコンを使い、空いている時間はスマホの画面を見るなど目に悪い習慣が増えてきていますが、それだけでは無く実際にはメガネの度数が変わっていた、緑内障(りょくないしょう)や白内障など目の病気があった、など問題が隠れている事もあるので注意が必要です。

 

パニック障害

パニック障害とめまい

パニック障害は、病的な不安で日常生活に支障をきたす不安障害の一つです。いきなり激しい動悸や頻脈がおこり、強い不安におちいります。パニック障害は、繰り返し起こす事で発作に対する不安や広場恐怖を合わせて起こし生活を制限していきます。

 

症状

パニック障害は、突然にあらわれる不安感の他に、めまい、発汗、震え、動悸、息苦しさ、吐き気、寒気、ほてり、しびれ、うずきなどの症状を伴います。気持ちの面では、現実感が無くなったり、死んでしまうのではという恐怖、狂うのではないかという不安などが出る事もあります。

 

注意点

パニック障害は、ストレスや過労が引き金になりますが、ホルモンや神経伝達物質も大きく関係しています。気持ちの面だけで何とかしようとするのではなく、回りにある手段を上手く使い状態をコントロールしていく事がまずは重要です。

 

むち打ち損傷

むち打ち損傷とめまい

首に問題があってめまいを起こす頚性のめまいには、様々な首の疾患が関係しています。ここではめまいにつながる首の疾患の一つとしてむち打ちを紹介していきます。

 

むち打ち損傷とは?

むちうちは、交通事故やスポーツなどによって首に強い力がかかり、痛みや運動障害を起こすものです。ひどいものだとぼうこうや直腸に障害が出たり、頭痛やめまい吐き気を起こすなど脊髄や神経にも影響を出します。

 

頸椎捻挫(けいついねんざ)

首の回りの筋肉や靭帯に問題が生じる事で痛みを起こすものです。むちうちの多くがこれにあたります。むちうちは、事故にあった当日はほとんど症状をあらわさず数日たってから、首の痛みや頭痛めまいなどの問題、運動障害などの症状を出す事があるので注意が必要です。

 

注意点

むちうちでは、しばらく時間がたってから症状が再燃したり、骨に特に異常が無いのに不快な症状が続く事があります。症状は単純では無く、めまいや頭痛、動悸、耳鳴り、吐き気など様々な症状が出てくる可能性があるので注意が必要です。

首は頭に近く自律神経などの神経も通る重要な場所です。しっかりとした施術を受け早くに症状を落ち着かせる事が重要です。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分