めまいと鍼灸

めまいと鍼灸

ひどくなると立っている事も出来なくなるめまいは、一度出るとなかなか落ち着かず、日常生活の色々な事に制限をかけてその質を落とします。

実際のめまいは、頭を動かしたり、ストレスがかかった時といった時だけというのでは無く、その日の体調にも左右され、良く無い時にはちょっとした事でも敏感に反応しその人を悩ませます。

特に薬で効果が無い様な時は長引く事も多く、ただ症状というよりも全身、根本からの改善が欠かせない症状の一つでもあります。

めまいと鍼灸治療

体質に合わせためまい対策

めまいというと今では耳の中の問題や脳の問題などが調べられますが、東洋医学ではまた違う観点からめまいを考え治療してきました。めまいは、五臓の中では肝にかかわりが深く、ここの問題がある時にめまいが起こると考えられています。

昔からある鍼灸の医学書にも肝が病んだ時に起こるものとして、「太過なれば則ち人をして、よく忘れせしむ、忽忽として眩冒して癲疾す…」(素問、玉機真蔵論篇第十九)とあり、その気が過剰になれば、頭がくらくらとして物をみると目がくらむと説明されています。

検査に引っかからなくても問題が無い訳ではありません。

鍼灸でいう肝の障害は、今でいうアルコールによる肝障害や脂肪肝などとはまた違うので、ストレスからくるイライラや目の疲れ、頭痛や不眠、筋の引きつりなどにもかかわり、この様な症状と一緒になってめまいを起こす事もよくあります。

実際の訴えを中心に体をとらえる鍼灸では、めまいを耳や目だけの問題とせずもっと広く色々な事と関係して出てくるものと考えて対処します。検査に引っかからなくても体に問題が無い訳ではありません。体の訴えをよく聞き、自分にあった施術を受ける事が大切です。

 

体に合わせたツボ選び

体質に合わせた鍼灸治療

めまいにも色々あり、体が弱ってでるものもあれば、比較的体力があって症状も強くでるものもあります。

体が弱って出るめまいは、長い事体の調子が悪かったり食事の不摂生が続いている人に起こりやすく、耳鳴りや動悸、頭痛、便秘なども一緒によく起こします。(福島弘道2001.4 わかりやすい経絡治療) めまいの感じはそれほど激しくなくてもじわじわと抜けにくく長く続きやすいので注意が必要です。

同じめまいでも人によって使うツボは異なります。

一方で体力もあり抵抗する力の強い人のめまいは症状も強く、一緒に出てくる他の症状も強くなりがちです。この様な時は同じめまいでも問題が大きくなるおそれがあるので早目の対処が必要になります。

鍼灸では、体力が落ちて起こしているのを虚(きょ)のめまい、体力のある人のを実(じつ)のめまいと問題を分けて考えそれぞれに対処を変えます。使うツボもはりの素材もはりの使い方も違います。

ツボは、ただ押すだけで効くのではなく、このように体質に合わせた使い方というのも大切になります。同じめまいでも人によって使うツボは変わります。体をよくみて自分にあったツボを選ぶ事がまずは重要です。

 

体質で分けるめまい

体質に合わせためまい対策

めまいは東洋医学では大きく次の様に分けられます。一度なると中々回復する事の難しいめまいですが、生活を整え養生する事がめまいを改善する為の第一歩となります。体質に合った方法で上手にめまい対策をしましょう。

 
むくみタイプ

冷えが強かったり、甘いものを取り過ぎていたりで水が溜まっているようなタイプです。ぼんやりとしためまいや頭がぐるぐる回る様なめまいを起こしやすいという特徴があります。散歩やストレッチなどで身体を動かし、入浴する時もお風呂に入るなどこのタイプの人の場合は、気血のめぐりを良くしてやる事が重要です。

ストレスタイプ

ストレスで頭に気が昇り熱がこもっているような状態です。血圧が高かったり、更年期の時のめまいもこれに入ります。頭痛や耳鳴り目の疲れにともなってぐるぐると目が回る様なめまいの出し方をします。規則正しい生活を心掛けたり、緑茶やミントティーなど頭をスッキリさせてくれるようなお茶を飲んでリラックスする時間を作ると特に効果的です。

 
虚弱タイプ(きょじゃくたいぷ)

身体が弱いのですぐ疲れてしまったり、風邪をひきやすかったりするタイプの人です。体を動かす力が無いので気が滞りやすく、立ちくらみの様なめまいや貧血気味でふわふわするようなめまいを起こします。はちみつ、ウナギ、もち米など気を補う食材を多く取り、身体をしっかりさせる事が大切です。

 

鍼灸と病の原因

体質に合わせためまい対策

東洋医学の古典(難経二十二難)には病には大きく二つのものが在ると書かれています。病のころころ移り変わる是動病(ぜどうびょう)とじっとその場に居続けてその人を悩ます所生病(しょせいびょう)の二つです。

是動病(ぜどうびょう)は、動く病という意味ですぐに変わる病のあり方を指し、症状が動きやすく、落ち着かない状態を言います。この問題では、体の比較的表面に近い所がやられるので、外から受ける刺激から体を守ったり、栄養を届けるといった働きに不具合が生じます。

動く痛みは色々なところから影響を受けます。

浅いところの問題なので外からの影響も受けやすく、症状や場所が常に移り変わる様な不調を出します。原因は、風邪のウィルスや花粉といった分かりやすいものだけでは無く、冷えや音、光などありとあらゆるストレスがこれの原因となります。是動病の様な問題に対処する時には、一つ一つの症状もそうですが、色々な事を受けてしまう大元の問題に対する対処も必要で、症状と根本2つの事を考えてツボを選んでいく必要があります。

一方で病のタイプには深くてなかなか動かないものというのもあります。こういうタイプの病を東洋医学では所生病(しょせいびょう)と呼んでいます。先ほどの是動病より病が深くにまで進んだ状態で外からの影響も受けづらく、少しの事では状態が動かないところにまで問題が進んでいってしまっています。

体に合わせた施術を受ける事が必要です。

所生病は、体に悪い習慣や長い間積み重ねられていった問題が溜まる事でおこり、一度症状として出てきたら動かす為にしっかりと向き合い時間をかけて取り組んでいく必要があります。毎回の施術もお灸を使って内側から効かすなど是動病の時とはまた違う形でのフォローが必要となります。

病気というのは、画像に映し出されるものだけが原因ではありません。東洋医学では、体の不調をかけ離れたものでは無くもっと身近で近い、現実の問題として対処していきます。自分にあった方法を見つけ出し必要な事をこつこつと積み重ねていく事が重要です。

 

お客さまの声

起立性低血圧障害…

起立性低血圧障害鍼灸患者の声
千葉県 男性

…半年ほど続けた頃に、体が軽くなったなという日が増えて一日できる事がふえていきました。

めまい、耳鳴り、耳の詰まり…

めまい鍼灸患者の声
佐倉市 男性

…ひとつずつ良くして頂き、めまいの症状が治まってからは相当楽になりました。…

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分