首肩の痛み

手の痛みとしびれ

首肩の痛みは、ただそれが辛いというだけでは無く、それを元に頭痛や吐き気、しびれなどを引き起こし状態をこじらせます。

原因は、それまでの無理がたたって出る事が多く、たとえ肩こりの様な軽いものでも長引くとストレートネックやまき肩を起こし痛みの下地となります。

ここでは、代表的な疾患についてまとめ、まずはどの様な問題があるのかを紹介していきたいと思います。

首の痛み

首の痛みを起こす疾患

首の問題はただそれだけで起こるだけでは無く手のしびれなどの症状を出す事も良くあります。ここでは、しびれも交えて首の痛みの疾患について紹介していきます。

首の痛みを起こす疾患
頸椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばんヘルニア)

手のしびれ、首の痛みのある時に多く原因として挙げられる疾患の一つです。加齢などで椎間板にひびが入ると、弱くなったところから中の組織が飛びだし神経を圧迫します。30~50歳ぐらいで、だんだん体が無理が効かなくなってきているのに忙しいという頃に多く起こります。

頚椎症(けいついしょう)

背骨回りの骨が増殖して神経に触れる事でしびれや痛みを出します。年を取るとだんだん椎間板が薄くなっていきますが、この時周りの骨は固める様に増えていきなるべく影響を少なくしようとします。この様な事がいきすぎると頚椎症になります。だいたいは体の変性が進む50~60代に出てきます。

胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)

背骨から出た神経が首や胸のところで、筋肉や骨の間で圧迫されて手にしびれを起こします。手のしびれの原因としては多くみられ、デスクワークをしている様な筋肉のあまりない女性に多く起こります。首回りの緊張やねこ背などがひどいと問題が長引く事があります。この問題がある時は、鎖骨の所を圧迫したり、つり革につかまる様な動作をすると症状が悪化します。

頚椎症(けいついしょう)

頚椎症(けいついしょう)の原因は、一つの場所を集中して使う事による変形です。普段から上手に体を使いあまり負担が偏らないようにする事が重要です。

頚椎症
頚椎症(けいついしょう)とは?

加齢や繰り返しかかる首の負荷によって首を支える骨に骨棘(こつきょく)という骨のでっぱりが出来る事で痛みを起こします。ここの骨のそばには神経の束があるのでこの骨のでっぱりが神経を刺激すると痛みやしびれを起こすようになります。

症状

首のまわりの筋肉が緊張してこりを起こしたり、神経を刺激して腕の方に痛みやしびれを起こしたりします。問題のある首の高さによって手の症状のある場所が変わり、首の下の方に問題がある方が小指側の方へ強く症状を出します。

危険な症状

首の中を通っている神経は、手にいくものだけでは無く足や内臓の働きにかかわる様なものも入っています。問題になるのは、この内臓に行く神経がやられる時で、その時は排尿や排便に異常がでます。遠く離れた足や排便や排尿の感覚に異常があるような時は要注意です。

首のヘルニア

首のヘルニアは、一般によくある問題ですがひどくなると大きな問題に発展する事もあります。ひどくならない様に普段から注意しておくことが重要です。

首のヘルニア
首のヘルニアについて

首のヘルニアは、骨と骨の間にある椎間板が年とともにくたびれてきて亀裂が生じ、中の組織が外に飛び出ることで問題を起こします。どの年代でも起こる可能性がありますが、30代後半~50代後半ぐらいで多くやられます。

症状

首のヘルニアの代表的な症状は、痛みやこりです。痛み方は、一日のうちでも朝は具合がよく、その後悪化してくるという痛み方をします。ひどくなると首から指へのしびれが起き、痛みだけでは無く、洋服のボタンがかけずらかったり、文字が書きずらいという症状も出る様になります。

危険な症状

頚椎症と同じようにひどくなると内臓や足に異常を出すようになります。特に排便や排尿など体の活動にかかわるものに問題があると命の危険が出てくるので手術をすすめられる事になります。

首の痛みを起こす筋肉

首の筋肉は複雑ですが、ここでは首の痛みの原因という事で痛みに関係の深い筋肉を取り上げてみました。

首の痛みを起こす筋肉
後頭下筋群(こうとうかきんぐん)

首の奥の方にある細かい筋肉です。ここの筋肉は首を回すのに役立ち、細かい動きの調整などを受け持っています。広く頭の後ろ側をカバーする神経がこの筋肉の間を通っているのですが、無理がきて神経が締め付けられるようになると頭痛の原因となります。

頭半棘筋(とうはんきょくきん)

首の奥の方にある筋肉で首の上から下へ縦に走っています。首をそらす働きがあり、持続して頭を上げているのにも役立ちます。重い頭を常に支える様にしている為、首のコリや頭痛などにも関係してきます。

上部僧帽筋(じょうぶそうぼうきん)

首から肩にかけて広くはる筋肉です。一番外側にある筋肉でもあるので肩や首がはった時に触っているのもここになります。ねこ背の時に頭を支えたり、それぞれ奥の方で走っている筋肉のカバーに回ったりと何かと緊張させられる事が多い場所です。

首の緊張の原因

痛みの元になる緊張にも色々ありますが、どこか問題となる事があって頑固に続いているという場合もあります。ここでは、緊張の原因になる問題についてまとめてみました。

首肩の緊張の原因
眼精疲労

目をよく使う仕事やゲーム、携帯など今の社会は目をこくしするものに溢れています。目が乾いたり、ぼやけたり、痛みを伴う眼精疲労は、ただあるだけで首回りの筋肉を緊張させ、更に画面に目を近づける独特の姿勢が猫背を生み悪循環を招きます。

噛み合わせ

肩こりと噛み合わせの問題は、ただ単純に歯の問題があって出てきたというものだけでは無く、歯の治療を受けた後に色々な症状が出始めるというパターンの時もあります。普段から歯や噛み合わせの状態に気を付けると伴に、行きつけの歯医者さんを作っておきいざという時安心して受けられるようにしておく事も重要です。

高血圧

高血圧は血流や心臓への負担の関係からそれだけでも首肩を凝らせる原因になりますが、それ以外にもストレスや食生活の乱れなど高血圧を起こさせるような生活習慣が悪影響を及ぼしているというところもあります。血圧が高いという場合は、まずはこの様な事から手を付けてみるのも一つの方法です。

肩の痛み

肩の痛みの原因

肩の痛みというと五十肩が有名ですが、実際にはそれだけでは無く様々な原因があります。ここでは、肩の痛みを起こす代表的な疾患についてまとめてみました。いずれも肩に無理が溜まって出てくるものです。痛くなったら放っておくのではなく早目の対処が必要です。

肩の痛みの原因
関節リウマチで起こる全身症状

よく言われる腰や首骨のとげが肩の関節にも出てきた様な状態です。軟骨がすり減り、骨が変形しとげが出てきます。肩を動かしたときに痛みを伴うので動く範囲が狭くなったり、肩がこわばるといった症状を起こします。

肩関節不安定症(かたかんせつふあんていしょう)

肩の関節がゆるくなり、すぐ抜けてしまうような状態です。ちょっとした事で脱臼(だっきゅう)して痛みが出たり、腕を上げる様な動作や球を投げるしぐさで肩が外れそうになって怖いという訴えが多くなります。

腱板断裂(けんばんだんれつ)

腱板(けんばん)は奥の方で肩を支えるのに役立っています。この腱板がさけたり切れたりすると、上手く動かせなくなり、痛みが生じます。中年以降の男性に多く、何か手をついたというと言うような分かりやすいきっかけが無くても起きている事があるので注意が必要です。

五十肩について

五十肩というのは、原因のはっきりしない疾患です。ある日始まりいつのまにか無くなっているという事も珍しくありません。しかしその経過は人それぞれで痛い期間が長く続く人もいれば、痛みが強く夜も寝むれない人もいます。ここではその段階を3つに分け、どういう経過をたどっていくのかを見ていきたいと思います。

五十肩
急性期

ある程度肩は動かせるが、とにかく痛みが強いのがこの時期です。夜うずいて寝れなくなり、頭を洗う、腰に後ろ手にもっていくなどの動作で痛みが出る様になります。この時期は痛みを重ねず最小限に抑える事が大切です。安静にしてとにかく痛みをひどくしない様にしましょう。

慢性期

痛くなってからしばらくたつと今度は動きが悪くなってきます。動かさなければ痛くないという事も手伝ってよけいこわばりが進みます。痛みは落ち着いてきているのですがこれまでの事もあり中々動かそうとは思いません。五十肩の後遺症で問題になるのがこのこわばりです。後々の為にもまずは痛みの無い範囲から、徐々に動かしていくようにしましょう。

回復期

痛みもこわばりもだんだんと楽になってきて全体的にも回復してきているのが分かる時期です。動かせる範囲も増してくるのですが、まだ完全では無いので思わぬところで痛め、痛みをぶり返す事もあります。もう一度五十肩になるという事も無いわけでありません。焦らずゆっくりと慣らしていく事が必要です。

肩の痛みの原因 腱板(けんばん)について

 

肩の痛み腱板について
腱板(けんばん)とは?

肩を包み込む様に様々な方向からはっている肩回りの細かい筋肉の事を言います。4つの筋肉からなり、肩の安定や細かい動きの調整などに役立ちます。ここに問題があると肩が上手く動かせなくなったり、上げる時にひっかかりが出たりするようになります。代表的な問題にインピンジメント症候群と腱板断裂の2つがあります。

インピンジメント症候群

大きく腕を上げる動作で骨と腱板があたる事で痛みが起こります。肩を良く使うスポーツをする人に起こりやすく、ひどくすると損傷から断裂へと状態が進みます。痛みの他に引っかかり感があったり、こわばり、夜間痛などを起こし、肩を使うほど症状がひどくなっていきます。

腱板断裂(けんばんだんれつ)

大きな怪我によってなるものと日常生活の中で自然と断裂するものの2つがあります。断裂が大きくなるほど痛みが強くなり、ひどくなると肩を上げる事が出来なくなります。自然と断裂するものは、40才以上の方に多く、老化や血流の減少が関係していると言われています。

石灰性腱板炎(せっかいせいけんばんえん)

肩の痛みにも色々な原因があります。石灰性腱板炎は、肩に痛みが起きた時に原因としてあげられる診断の一つです。ここではその特徴を3つに分けて紹介していきたいと思います。

石灰性腱板炎
石灰性腱板炎とは?

石灰性腱板炎は、肩の腱の中に石灰が沈着して炎症を起こす疾患です。急性に出るものは、赤く腫れ、夜中に目が覚める程の激痛に襲われるなど強い痛みが起こします。運動時だけの慢性のものもあり、ほとんどの場合が保存療法で対処されます。

痛みはどの様にして起こるのか

腱板(けんばん)は、肩の奥の方にあり肩を支えるのに役立ちます。よくこすられる場所にあるので摩擦を減らすためのふくろが後ろについているのですが、そこに石灰が漏れ出る事で強い炎症を起こします。石灰はしばらくすると吸収されるのでそれに伴い痛みも引いていきます。

どの様に進むのか

石灰性腱板炎は、40~50歳の女性に多く起こり、発症後1~4週、強い症状を起こす急性型、中等度の症状が1~6ヶ月続く亜急性型、運動時痛等が6ヶ月以上続く慢性型の3つの型に分けられます。ほとんどが保存療法ですが、あんまり痛みが強く何度も再発する様な場合は、手術も考えられます。

治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668
住所
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F
営業時間
午前 9:00~20:00
休業日
日曜・祝日
 
午前 ×
午後 ×

臨時休診する場合があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分