自律神経失調症と鍼灸

自律神経失調症と鍼灸

現代社会はストレス社会と言われるほどストレスが多く、自律神経失調症の様なストレスと関係が深い疾患は特に増えています。

自律神経の問題は、めまい、耳鳴り、不眠、頭痛、しびれ、移動する痛みなど多岐にわたり、自分でも何をどうしたから良いのか分からなくなってしまうものです。

病院で検査を受けても原因がはっきりせず、何か問題が見つかったとしてもなかなか治らなかったりする事も多いものです。

ここでは、ツボの選び方や自分で出来る対処法などを紹介していきます。まずは取り入れられる簡単な事から始めてみて下さい。

はっきりしない不調の原因

はっきりしない不調の原因

鍼灸院をやっていると診断名も付かずなかなか治りも悪いという方が多くいらっしゃいます。体の不調というのは、必ずしもMRIや血液検査など目に見えるものばかりではありません。例えば人が普通に生活していると起こる眠さや空腹感、疲れなどは検査に引っかかりません。

この人がどのくらいお腹がすいていてどのぐらい疲れているのかという事は検査をしても分からないのです。はっきりしない体の症状というのもこの延長線上にあります。体はストレスが続くと自律神経の不具合を生じますが、自律神経はこれら当たり前の体の働きに深くかかわっています。その為、自律神経が原因で起こる症状は検査にかからないのです。

自律神経が関係してでる症状の一例

全体の症状

睡眠の質の低下、動悸、汗、手足の冷え、血の巡りの悪さ、虚弱、からだの痛み、立ちくらみ、微熱、風邪を引きやすいなど

精神的な症状 うつの様なだるさ、やる気が起きない、不安感、イライラ、集中力の低下など
身体的な症状  移動する痛み、原因のはっきりしない痛み、じっとしていても辛い痛みなど
胃腸症状  もたれ、痛み、吐き気、食欲不振、便秘、下痢、腹痛など
風邪と鍼灸

風邪をひきやすいという事について

「肺は身の皮毛を主る」(素問、痿論篇第四十四)体が弱い人は、何かというと風邪をひきやすく、のどの痛みやだるさなどに悩まされます。それも一度引くと長引く事が多く、人によってはかなり頻繁にこの様な問題に悩まされます。

発汗の調節や外の寒さから体を守るのは皮膚の大切な役目の一つですが、鍼灸ではこの皮膚の状態の調整には肺の働きが重要だと考えています。東洋医学の肺は現代医学の肺とは違うので呼吸だけの問題では無く気の働きや皮膚の調節などいろいろな事に繋がりがあると考えます。

体調を整え外からの影響を跳ね返せる様にする事が大切です。

その為、肺の調子が悪く皮膚の調節が上手くいかないと変に汗をかいたり、何かあっても体がそれを跳ね返せなくなります。そうなってくると普通の人は特に問題にならない冷えや湿気、暑さや乾燥などが体にこたえる様になり、何かというと体調を壊す様になります。

鍼灸をしているとよく「風邪をひかなくなりました」という事を言われますが、それは鍼灸をしていく上で気を補い、間接的にこの肺の調子を整えるからです。もちろん、体が強くなるのでその事から免疫力があがるという事もありますが、それ以外にも様々な角度から健康な状態になるよう体へ働きかけます。

常に体調が悪い、頻繁に風邪をひくというのはそれだけで一つの問題でもあります。風邪をひいた時だけでは無く普段から体調を整え、この様な影響を跳ね返せる体にしておく事が重要です。

 

自律神経回復のイメージ
回復のイメージ

回復していく時は、色々な症状が出たり入ったりしながら少しずつ問題が小さくなっていきます。枝葉の症状に振り回されるのではなく、一歩引いたところから根本の問題に目を向ける事が重要です。

自分でできる痛みの対処法

一水堂には、よく自律神経の問題を抱えた人が受けにきますが皆さん色々な治療や薬を健康法を試した後なので

「もう自分でもどうしていいか分かりません」という様な事を言われます。今出ている症状がコロコロ変わるので自分でもどうおさめていいのか分からなくなってしまうのです。

しかし、自律神経の問題と言うのは本来がそういうもので、だいたい良くなっていく人というのは、あれこれとある症状が伸びたり縮んだりしながらだんだんと小さくなっていく感じで治療が進んでいきます。

自分で出来る痛みの対処法

最終的に目指すゴールがこの様なところにあるので一水堂では自律神経の問題があると判断した場合は、個々の症状に対するものだけでは無く必ず自然治癒力を高めるような治療を組み合わせて行います。

自律神経の問題は、目の前の問題に対するその場の対処だけでは問題解決にならないからです。

これは何も治療に限った事では無く自分で対策を練る時でも同じです。何か症状が変わっている様でも根本に対する方法は必ずやる様にしてしばらくの間はそれを根気強く続ける。その時々の辛い症状に対する対策も必要ですが、この様な事をしていく事で症状に振り回される事が少なくなります。

自律神経の回復
症状の波

自律神経の症状は、ただ一直線に良くなっていくのではなく、大きな波と小さな波を繰り返し、徐々に小さくなっていくものです。良くなったからといって気を抜かず、一度始めた事をしばらくの間続けて行く事が重要です。

実際に出来る事としては、太極拳やヨガなど積極的な方法の他、規則正しい生活や腹八分目の食生活など当たり前の事も重要になってきます。

とにかく、自律神経の問題は続ける事が大事なのでまずは簡単な事から少しずつでも良いので始めてみて下さい。簡単な事でも続ける事が重要です。

効果の出るツボの選び方

効果の出るツボ選び方

体の不調がある時に自宅ですぐ出来るお灸は、困った時の強い味方になります。最近は、インターネットも充実してきて様々な症状に対するツボが紹介されているので色々なツボを選ぶことが出来ます。ここで重要なのはどのツボを使うかという事です。

ただやみくもにお灸をすえていってもそれだけではなかなか良い効果は出ません。ツボというのは、症状だけでは無く身体に合わせた使い方をして初めて効果が出る様になっています。その為、実際に治療院でツボを選ぶときにも、話を聞いて使えそうなツボの候補を上げ、その後に体の状態を確認して使うツボを決定しています。

慣れないとその症状に対するツボの候補を選ぶだけでも大変だと思うのでここでは大まかにどの様な場所のツボを選べば良いのか、そのポイントを紹介していきます。

選ぶときのポイント
ポイント1 体に痛みがある時は、症状から痛みがる所だけでは無く、離れた手足にあるツボも組み合わせる様にする。
ポイント2 顔や頭に症状が集中する時は、足にあるツボを使ってのぼせをおさえる。
ポイント3 手や足に症状がある時は首や腰、骨盤周りにあるツボを組み合わせる。
ポイント4 症状が右にある時は、それを支える健康な左側のツボを選ぶようにする。

これらは、経験によるものもありますが、だいたいは九刺(きゅうし)といって昔からあるツボの取り方を参考にしたものになります。基本は辛い所、痛いところにすえる事ですが、より効果を出したいという時は、この様な事を参考にツボを探してみるのも一つの方法です。試してみて下さい。

 

自分で出来る生活の工夫

あさり ( 自律神経の問題に良い食材 )

今では季節にかかわらずいつでも手に入るアサリですが、春は潮干狩りが行われるなどこの時期アサリは美味しくなります。どの食材でもそうですが、その時に美味しい食材というのは、ただ量が多くとれるという事では無く、身体が欲している効能を多く含んでいるものです。4月は何かとイライラしやすかったり、ストレスの溜まりやすい時期です。アサリにはそんな体の状態をやわらげる成分が多く含まれています。春に出回る事の多いキャベツやタケノコなどの食材に合わせて上手に体調管理に役立てましょう。

自律神経食材あさり

イライラを抑える

イライラしてストレスの溜まる状態は、気を滞らせ、冷えのぼせや胸のつまりの原因となります。アサリには、気の滞りを解消し、のぼせた体の熱を取る作用があります。特に寒の性質を持つ味噌と合わせて作る味噌汁はイライラを沈めるのに効果があるので朝の食卓に多く使いたい組み合わせです。

不眠

この時期にため込まれたイライラや極度の緊張は、やる気の減退や体のだるさなどを起こします。アサリは身体にこもった熱を取り、精神を安定する効果があり、そこから繋がる不眠にも良い影響を与えます。イライラだけでは無く、体が火照って寝れないなどの不快な症状が続く時にも有効です。

セロリ ( 自律神経の問題に良い食材 )

セロリもアサリ同様、感情の変化や自律神経の乱れに強いとされる食材の一つです。食物繊維やビタミンB群が含まれているので、便秘や疲労に効果があり、独特な香りにはストレスを和らげる効果があると言われています。

自律神経食材セロリ

強い香りでイライラ解消

セロリは、春の野菜の中でも特に香りが強いのが特徴です。東洋医学的には、セロリは特に肝にこもった熱を静める作用が強いとされ、イライラや怒りなど感情の高ぶりに効果を発揮すると言われています。

代謝を整えて体スッキリ

飲食の不摂生や不規則な生活は全身をめぐる気のエネルギーを滞らせ不快な症状を起こします。セロリには、消化機能をアップさせ、体内の余分な水分を取り除く作用があるので、むくみやだるさ、便秘などを解消し、気分をスッキリさせてくれる作用があります。

熱を冷ましてほてりを解消

セロリには、滞った気を流し余分な熱を冷ます作用もあります。イライラという感情だけでは無く、それに伴っておこる目の充血やほてり、頭痛なども和らげてくれるので興奮状態の体を落ち着かせたいという時にもおすすめです。

鍼灸 患者さんの声

不眠、…自律神経失調症

自律神経失調症鍼灸患者の声
千葉市 男性

少しずつ症状が改善していきます。…頭痛と微熱に悩まされたのですが先生のおかげで良くなりました。…

…緊張状態、まんせい的な疲れ

難聴耳鳴り鍼灸患者の声
市川市 男性

…つかれを中心に色々な不調があったのですが、…治療を受けてとても調子が良くなり元気に過ごせています。

季節の変わり目の体の不調、…胃腸の不調

自律神経失調症鍼灸患者の声
千葉市 女性

花粉症、偏頭痛、手指の関節の腫れ、またそれらが原因の精神的ストレス…これまで悩まされていた不調が少しでも改善・・・・

治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668
住所
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F
営業時間
午前 9:00~20:00
休業日
日曜・祝日
 
午前 ×
午後 ×

臨時休診する場合があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分