院内の案内

院内のご紹介

院内の様子を写真でご紹介いたします。

駐車場

はりきゅう一水堂第一駐車場

治療院前の駐車場です。向かって左2台が一水堂の駐車場になります。

入り口

治療院入り口

階段を上ったところにある治療院入り口です。

玄関

治療院玄関

玄関です。クツをそろえて置き、スリッパにお履き替え下さい。

受付

はりきゅう一水堂受付

治療院に入ってすぐにある受付です。

お知らせボード

お知らせボード

カレンダーや新しいお知らせなどが貼ってあります。

待合室

治療前待合室

お連れの方にもゆっくりお待ちいただけます。

更衣室

治療着更衣室

治療室のすぐ隣にあります。貴重品や手荷物など目の届く場所に置いてお受け下さい。

治療室

はり用ベット

治療用のベッドです。

問診

鍼灸検査1

どういう状態なのかまずはしっかりお話を聞いていきます。

診察1

鍼灸検査2

脈(みゃく)を通して全身の状態を探ります。

診察2

鍼灸検査3

東洋医学には欠かせないお腹の状態も確認していきます。

診察3

鍼灸検査4

それぞれのツボの状態をよく観察していきます。

施術風景

はり施術風景

仰向けから手足、全身と関係のあるツボに一つ一つ丁寧にはりをしていきます。

はり1

はり治療1

症状に合わせたツボを選んで使います。

はり2

はり治療2

体の状態に合わせてはりを使い分けていきます。

施灸風景

おきゅう1

市販品では無く、もぐさを揉んで使っています。

おきゅう1

おきゅう2

当院で一番よく使う温かいタイプのおきゅうです。

おきゅう2

おきゅう3

治療院でしか受けられない専門性の高いおきゅうのすえ方です。

おきゅう3

おきゅう4

かざすタイプのおきゅうです。広く体を温められます。

施術後の説明

はり治療後の説明

治療後の過ごし方など体についての説明をします。

説明2

はり治療後の説明2

分からない事や疑問に思う事もお尋ねください。

パッと治るツボについて

お灸について

治るというとちょっとやってパッと治る事を期待しますが、実際にはそれだけでは本当の問題解決につながらないものです。

何かひどい症状を出す時というのは、一つの問題では無く様々な事が元のところで繋がって症状を起こす様になっているからです。

辛い時は、まずこれだけ取れればとその事を考えますが、一つ取ったらまた別の症状それとはまた別の不調が起こる事も実際にはよくみられます。人によってはこれが繰り返し、そうこうしている間に元の症状と悪循環を起こしている事もあります。

本当に治る為には体の力を付ける事が大切です。

自然治癒力を生かす東洋医学は、症状をただその部位だけものと考えずに奥で様々な問題で繋がったその人の問題と考えます。

治るというのは、体の力をつけていく事でもあるので本当に抜け出したいと思った時はしばらくの間は慎重に今の状態に上手く体をなじませるといった事も考える必要があります。

症状が出る時というのは、体はただでさえこじれる方向に向かっています。痛みが無くなってもすぐ元通りとはいきません。早くに体が馴染んでいく様に生活をあらため、体の力を付けて最終的には自分でバランスを取れる状態を作っていく事が大切です。

辛い場所から離れたところにあるツボ

お灸について

昔から「胃には足三里」と言って、胃腸が疲れた時はスネにある足三里というツボが良く効くと言われています。これは何も胃の話だけでは無く、鍼灸では胃のツボが足にあったり、腰の治療も手や足のツボを使ったりします。

常識で考えれば、胃のツボはお腹に有るべきで、胃の治療をスネでするというのは、おかしなものですが実際にこの様な離れた場所にあるツボというのは良く効きます。

離れた場所にあるツボの方が良く効くという事も多くあります。

この様なツボが今でも伝えられているのには、それが実際に効果があるからでもあります。一水堂でもこの様な離れたツボをよく使っています。

痛いところに近いツボを使うのもそれはそれで良いのですが、体の反応を確かめてこの様なツボを使うのも鍼灸院で治療を受ける一つのメリットでもあります。

痛い場所から離れたツボというのは、いくら雑誌や本に紹介されていても自分でやっていると本当にこれで良いのか今一不安になるものです。ツボの選択もただ離れていれば良いという訳ではありませんが、体の反応を良く診て体の要求するツボを上手く選びだす事が重要です。

 

気を付けたい生活習慣( 自分で首を鳴らす事について )

お灸について

首に限らず、関節というのは鳴らすと気持ちが良いものです。やった後は少し良くなった様にも感じます。

しかし、実際には鳴らしたい場所はなっておらずその前後の鳴って欲しくない場所が鳴っているのが現実です。

首の関節は全体で一つの動きを作っているので、実際に凝って固まっている場所というのは動かず、その前後のゆるくなっている場所ばかりがねじられ、ゆるさを増していきます。

パッとした刺激では無く、しっかりと安定した状態を作る事が大切です。

よほどうまい先生が狙ってやるなら別ですが、むやみに関節をねじって鳴らしても体はまず良くなっていきません。やってもすぐまた凝り感が戻り首を鳴らしたくなります。

関節というのは、一度鳴らすクセがついてしまうと悪循環を起こし中々やめられなくなるものです。首の状態をしっかり整えて鳴らさなくてもいられる様な状態を作っていく事が大切です。

 

店舗情報

治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668
住所
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F
営業時間
午前 9:00~20:00
休業日
日曜・祝日
 
午前 ×
午後 ×

臨時休診する場合があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分