不眠と鍼灸

不眠と鍼灸

不眠は、昼間のねむけや疲れ、体調不良やイライラするなど問題を起こし、自然治癒力の働きも鈍らせる事から問題を長引かせる原因となります。

 

自律神経の問題を抱える人は不眠を訴える事も多いのですが、睡眠は体のいろいろな所と関係を持つ難しい問題でもあるのでただ不眠だけというのではなく、他の問題と一緒に広く身体全体を整えていく事が必要になります。

ここでは、睡眠障害の種類や原因、対策について紹介していきます。

不眠の鍼灸治療

不眠の鍼灸治療

「不眠を鍼灸で」と考える時、まず頭に上がるのが「不眠にはどのツボが良いのだろう?」という事ですが実際にはそれほど単純では無く、体との繋がりの中で状態を整えていく事が必要になります。

 

同じ不眠でも「寝つきが悪い」のと「眠りが浅い」「早くに目が覚めそこから寝れない」というのでは全然違います。鍼灸ではこれらの違いをそこに繋がる臓腑の違いと考え、使うツボを変えていきます。

 

もちろん、本で紹介されている様な不眠のツボというのもありますが、こういうものは全ての人に効くものでは無く、細かく一人一人の問題に対応するものでは無いので中々完全にとはいかないものです。

 

不眠は、ただ頭や神経だけの問題では無く色々な事がかかわる問題です。ただ症状だけ見るのではなくからだ全体で良くなっていくという意識を持つ事がまずは重要です。

鍼灸古典で考える不眠(難経六十六難より)

鍼灸古典で考える不眠

東洋医学では不眠を気血のめぐりの悪さが主な原因と考えています。人は昼間は陽気が活発に体の外をめぐり、夜は気が体の中におさまって眠くなるようになっています。

それが陽気がいつまでも外を巡っていたり、気血の流れが悪くなって夜になっても体の中に気がおさまらなかったりするといつまでたっても眠気が起こらず不眠になります。

年をとると出てくる不眠と鍼灸

年をとると出てくる不眠と鍼灸

人は年をとると誰しも気血が衰え、うるおいが無くなり、気血のめぐりも悪くなります。すると寝ていても陰の気が充実していないので、少しの事ですぐに目が覚める様になり、一度起きると中々寝付く事も出来ず、熟睡できません。

また、昼間も陽気が活発に働かないので気持ちが晴れやかにさっぱりとせず昼間も活動的に動けません。若いうちはこの様な事が無いので夜になるとしっかりと眠くなり、朝もさわやかに目覚める事ができます。

ストレスによる不眠と鍼灸

東洋医学で考える不眠

気血の運行の悪さは、何も年によってだけ起こるのではなく、不安や悩み事によって物事を考えすぎたり、ストレスによって何か常に頭を使っていたりしても起こります。

これらの事は、過剰になると「脾をやぶる」と言って胃腸の調子を壊したり、気血の流れを阻害する原因となります。

また、気を使いすぎて目がさえてしまっていたり、心が定まらず乱れていたり、高ぶりがおさまらない状態だと、今度は陽気がコントロールできないという事になりこれもまた不眠の原因となります。

その他の原因による不眠と鍼灸

その他の原因による不眠と鍼灸

この他にも病気がある時や胃腸の調子が悪い時なども眠りに上手く入れないという事がありますが、それら各々状態が違う場合もそれぞれに陽と陰の気の交流が上手くいかない理由というのがあって不眠を出しています。

不眠を考える時はこの様な事が基本になるので、ただ不眠のツボを押すというのではなく原因をよく考えて対処していく事が重要です。

 

鍼灸で考えるストレス

鍼灸で考えるストレス

鍼灸では、ストレスの様なうつうつとした感情は、体の中の正常な気のめぐりをさまたげ熱を生じると考えます。

ストレスは精神的なものなので熱を生じるというと少しおかしく感じるかもしれませんが、感覚的にイライラすれば体が熱くなって脈が早くなるなどの変化が起きるのが分かると思います。

この様な状態を鍼灸では肝うつ化火(かんうつかか)といいます。体の問題というのは、何も食べ物の様なものだけに影響されるのではなく感情や気持ちの変化といったものも他の問題と変わらず体に影響を及ぼします。

体も気持ちも滞りなく流れている事が重要です。

これはイライラした時の体の変化ですが、体の中の気は滞る事で調子を崩し場所によっては、お腹を下したり、咳が出たりと熱くなるだけでは無くいろいろな症状をだします。

ストレスが胃を荒らすというのはよく知られた事ですが、感情の問題というのはこの様に体と繋がりを持ち体質的に弱い所に負担をかけたり、生活習慣と一緒になって病気の下地になったりします。

体の中のものは、何でも滞りなく流れている事が重要になります。血圧や成人病の様な健康ばかりでは無く、気持ちの上でも滞りない健康な生活を送る事が大切です。

鍼灸 患者さんの声

夜眠れる様になったのが大きい…

自律神経失調症鍼灸患者の声
千葉 男性

夜も眠れず疲れでまいっていた時に友人に紹介されて…、つまっているという感じが流れている様な感覚…

不眠、吐き気、思考力の低下…

不眠鍼灸患者の声
千葉 男性

週一回の通院を半年ほどつづけたぐらいになんとなく体が軽くなったという日が増えて…

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分