膝の痛みと鍼灸 その2

膝の痛みが強く座っていると耐えられなくなります。

だるさの鍼灸治療

膝の痛みは、何も激しく使った時だけでは無く立っている時、座っている時など人によって違います。

座っている状態でも膝にとってはずっと曲がったままでいる事になるので場所によっては圧迫され負担がかかります。

水を抜くだけでは無く広く体を整えていく事が大切です。

普通の時なら大したことがない事も変にスジが突っ張っている様な時は、使い方に偏りが生じ痛みにつながります。

膝の痛い時は、軟骨の減りや水が気になりますが、そればかりが治療ではありません。自然治癒力を働かせて根本からの解決をはかる事が重要です。

 

病院で鍼灸は止めなさいと言われ、リハビリを勧められました。

だるさの鍼灸治療

鍼灸は資格のある治療といっても中にはすごい刺激の強いものや、はりはほとんどやらず電気や揉み療治ばかりやっているものあり、敬遠される先生がいるのも分かります。

ただ、それが全てではありません。鍼灸もその人に合うものが見つかれば、それは体調管理の上で大きな味方となります。

全く同じものでは無いというのは、それぞれの体質に合わせた治療を受けられるという特徴でもあります。

鍼灸は、国家資格という最低限度の基準は設けられているもののそこからの自由度は高く、日本式の治療と中国式もの、筋肉やコリ目当てに打つ現代的なものでは、まるで内容が違います。

同じ道具を使っていても目的としているものや考え方が違うので、お医者さんに行くようにどこに行っても同じ治療という訳にはいきません

良く調べ、自分の体に合う治療院を探す事が大切です。

ただ、それも個性に合わせて選べると考えれば、一人一人の体に合わせた治療を受ける事が出来るという特徴にもなります。特に複雑な症状の場合は、その人に合わせた治療というのが重要になります。

どの様なものにも長く残るにはそれなりの理由があります。どの様なものか、良く調べ自分の体に合う治療を探し出す事が大切です。

 

今回の膝の痛みは腰からきているのではないかと思います。

だるさの鍼灸治療

腰と膝は関係が深く、治療をする時でもそこを含めたバランスの調整といったものが必要になります。

この様な繋がりの事を運動連鎖(うんどうれんさ)といいますが、関節というのは悪くなったら必ずその周囲の関節にも問題を広げます。

痛みの原因を広く考え対策を練る事が大切です。

ですので、膝が痛いという時は、膝だけでは無く左右をつなぎとめる腰の状態というのも大切なポイントとなります。

痛い時というのは、その場所ばかりが気になるものですが、実際にはその周囲、姿勢、内臓の状態など色々な事を考える必要があります。

膝の痛みもそういうものだと広くとらえ、どうしたら痛みが楽になるのか自分でも気にかけてみるという事がまずは大切です。

 

色々行っても電気を流すだけで…

だるさの鍼灸治療

鍼灸と言っても実際には色々な種類のものがあり、受けてみるとイメージと違ったという事もあります。

多いのは、マッサージをしたり、一緒に電気を流すスタイルですが、これだと鍼灸と言うよりマッサージや電気の方が勝ってしまいせっかくの鍼灸の良さが薄まってしまいます。

体をよく診てバランスを整える施術を受ける事が大切です。

本来のはり治療は、はりと灸だけで行えるものでその他のものは必ずしも必要なものではありません。それよりも大切なのは、体をしっかり診るという事です。

体を毎回よく観察し、その変化に合わせたはりをしていく事、はりはただ緊張している所に刺して置いておくものではなく、体の微妙なバランスを整える為のものです。

毎回同じ事をしていてもなかなか前には進みません。しっかりと問題と向き合い、体の変化に合わせた治療を受ける事が大切です。

 

部活で大切な時期にケガをして

だるさの鍼灸治療

試合の前や練習の大変な時というのは、精神的なプレッシャーだけでは無く、体の方もはりつめていていつも通りの働きが出来ない事もあります。

若い人の場合、あまり「疲れた~」とはならないのですが、その代わり変なところでケガをしたり、いつもは大丈夫な所でつまずいてしまったりという事が起きやすくなります。

無意識な所でケガをしやすくなっているという事もあります。

この様なアンバランスというのは、無意識のところで起き、気を付けていても中々防ぎきれません。

体の問題というとストレッチや柔軟体操など筋骨格に対するものが思い浮かびますが、食べる寝る出すなど基本的な事も大切な要点になります。

普段からケガが多いという場合には、それ専用のメンテナンスが必要ですが、それ以外でも大切な時は、生活に気を付けるなどよく体を休める様にする事が必要です。

 

鍼灸 患者さんの声

ひざの靭帯を痛めた後、なかなか痛みが取れなくて…

膝の痛み鍼灸患者の声
東金市 女性

…ひざ以外の症状も含めて全身の不具合をメンテナンス…、心身ともにリラックスする事ができます。…

首、肩、ひじ、指、膝、腰の痛み

膝の痛み鍼灸患者の声
千葉市 男性

スポーツなどのケガを診てもらっています。…手術や薬によるものでは無いので安心して受けられます。…

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

はり・きゅう 一水堂 料金とアクセス

料金

料金について
一水堂は、なるべく身近で皆さんに近い治療院でありたいと思っています。その為、料金も抑え、通いやすくしてあります。対症療法によるその場だけの治療は問題の解決にはつながりません。つらい症状の根本からの改善をはかり明るい毎日を過ごしましょう。
 

料金表
初診料 1000円
一般 施術料 3500円
大学・専門 2500円
高校・中学 2000円
小学・幼児 1000円

一般の方
初めてのご来院の場合
 

 初回検査料1000円
+  施術料3500円
     計4500円
 

( 2回目以降は、3500円 )


治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

〒266-0032 千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F

受付 9:00~20:00(日・祝日休み)

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

アクセス

はりきゅう一水堂アクセス

千葉南警察署の目の前になります。

千葉中央バス 千葉南警察署から徒歩1分

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

サイドメニュー

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分