施術の流れ

ここでは、施術の始まりから終わりまでの流れを説明します。

質問用紙への記入

初めての方には、施術後聞き漏らしの無いよう、事前に質問用紙への記入をお願いしています。

はりきゅう一水堂用質問用紙

着替え

治療室の準備が整ったら、治療室横にある更衣室でまず着替えをしていただきます。

更衣室

診察

診察では、東洋医学の診察の手順に従って全身をみていきます。

望(ぼう)

体型、顔色、動きなど、目で見て取れる情報を集めます。

鍼灸診察1

聞(ぶん)

話し方、声の調子、体臭などからその人の体調をうかがっていきます。

鍼灸診察2

問(もん)

今悩まされている症状の他、食欲、便通、睡眠など広くからだの状態について質問していきます。

鍼灸診察3

切(せつ)

実際にからだに触れる事で今あるからだの状態を確かめていきます。

脉診(みゃくしん)

病の原因がどこにあるのか全身を巡る脉(みゃく)の状態を通して診察していきます。脉診(みゃくしん)は、東洋医学的には欠かせない診察法で、今悩まされている症状だけではなく、その人の体質、その後の状態まで判断する重要な診察法です。

 
鍼灸診察4
腹診(ふくしん)

お腹に反映される全身の状態を東洋医学的な観点から診察していき、肩凝り腰痛など体の痛みに留まらず、広く今ある症状の状態がどのようなものなのかを探っていきます。

 
鍼灸診察5
切経(せっけい)

問題のある場所やツボを手で触れ確かめていきます。

鍼灸診察6

施術

施術では、仰向けで自律神経の調子を整える根本調整と横向きになって辛い所にはりをしていく全身調整を行います。

根本調整(こんぽんちょうせい)

まず仰向けの状態で手足のツボにはりをしていきます。からだの根本に語り掛け、からだの中の治す力を高めるのを目的として行います。

 
はり治療

全身調整(ぜんしんちょうせい)

うつぶせや横向きに体勢をかえ、肩・腰・背中に広く はり きゅう をしていきます。根本調整に加え、全体をさらに丁寧に整えていきます。

 
きゅう治療

治療後の過ごし方・アドバイス

一通り施術が終ったら、帰ってからの過ごし方や健康に生活する為のアドバイスを行います。治療間隔や予約の取り方などもこの時に相談して決めていきます。

 
治療後アドバイス

最後に

以上で施術は終了です。施術の雰囲気は伝わりましたか?施術では、症状をよくするという事だけではなく、ストレスなく過ごしてもらう事も考えています。ここでの時間をリラックスして過ごし、意味あるものにしていただけたら幸いです。

最後に

鍼灸における触診

鍼灸における触診

鍼灸の診察は、今の医療と違って触れる事が中心の診察です。腹診(ふくしん)も脈診(みゃくしん)も直接さわってその状態を確かめます。

例えば背中が張るという場合、合わせて胃が悪いとなればそのせいで張っているかもしれないと考えますが、実際には、思ったより下側だったり、汗をかいていたり、冷えていたり、中には張りも緊張も無くふにゃふにゃしているという事もあります。

触診には一本一本確かめながら進める対話の様な側面もあります。

はりは固いところに打ってしばらく置いておくものというイメージがありますが、本当に良くしようと思ったらそれだけでは上手くいきません。体の所見を良く確かめそれに合わせた処置が必要になります。

実際には、一本うったら確かめて、また一本うって、と少しずつ確かめながら進めていくことになります。はりをしていくと熱かったものがおさまってきたり、緩んでいた皮膚が引き締まってきたりします。もちろん、緊張がゆるむというのもあります。

体を診ながら進めていく鍼灸の診察にはこの様な対話の様な側面もあります。触るという事は鍼灸では重要な情報源です。その人を良く知る為には、データや情報といったもの必要ですがそれだけでは無く実際に手を当て体の声に耳を傾けるという事も大切な事なのです。

 

鍼灸による病の診断、証(しょう)について

胃腸を整える時のポイント

鍼灸では、診断の事を証(しょう)と言います。鍼灸の診察では、脈(みゃく)をみたり、お腹の固さを確かめたりしますが、全てこの証をたてる為に行なっています。

一見、脈は心臓の調子を、お腹の触診は胃腸の調子を、と考えますが、診察はこの証を立てる為に行っていますので腰痛を訴えていれば腰痛の原因を、耳鳴りを起こしていれば耳鳴りの原因を探しているという事になります。

全てのツボはこの証(しょう)を元に選ばれます。

脈やお腹で耳鳴りの原因が分かるというとおかしく聞こえるかもしれませんが、鍼灸では耳は耳だけと分けて考えるのでは無く、耳のきこえも繋がりの中の一つの働きとして考えるので脈やお腹でその状態を知ることができます。

ツボというと、耳鳴りのツボ、腰痛のツボという風に決まっている様に思いますが、実際にはその様なものではありません。どの様なものでも体にあうものを探そうと思ったらまずはしっかりと体を診る事が必要なのです。

 

治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668
住所
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F
営業時間
午前 9:00~20:00
休業日
日曜・祝日
 
午前 ×
午後 ×

臨時休診する場合があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分