動悸

動悸と鍼灸

ドキドキと脈拍が早くなり、胸が苦しくなる動悸は、心臓という重要な場所に起きるだけあってとても不安で恐ろしいものでもあります。

実際に狭心症や心筋梗塞といった問題では、痛みの出方も強く命の危険も伴います。

この様な問題は、起きてからではなく、特に普段の体調管理が重要になります。ここでは、動悸に関係する病気と気を付けるポイントなどを紹介していきます。

心筋梗塞(しんきんこうそく)

心筋梗塞

脈が早くなり、胸が苦しくなる動悸がある時にまず頭に思うかぶのが心筋梗塞です。心筋梗塞は、心臓を動かす為の血管がつまる事で痛みと壊死を起こします。動脈硬化や糖尿、高血圧、高脂血症など生活習慣病がある人に起きやすく、喫煙や濃い味付け、ストレスや肥満など血管に負担のかかる生活習慣のある人も注意が必要です。

症状

発作が起こると30分以上激しい胸の痛みや圧迫感に襲われる事になり、冷や汗や息苦しさを伴います。血管もいきなりつまるのではなく、その前段階として狭心症発作を起こす事も多く、その場合は心筋梗塞より時間が短く長くても15分以内で胸の痛みや重苦しさ、動悸や息切れなどの症状が治まります。

注意点

心筋梗塞や狭心症は、起きても胸の痛みや動悸が感じられず、胃の不快感、のどの詰まり、左腕や背中の痛み、歯の浮きとして感じる事があります。また、糖尿病の人や75才以上の高齢者の方では、痛みを伴わずに発作を起こし重症化している事もあるので注意が必要です。

狭心症(きょうしんしょう)

狭心症

心筋梗塞と同じ様に動悸を起こすものに狭心症発作があります。狭心症発作は、いわば心筋梗塞の前段階とも言えるもので、繰り返し起こす事で心筋梗塞になる事もあるので注意が必要です。また心臓の問題は、みぞおちに痛みをだすという事もあり、胃や消化器の問題と間違われる事もあるので注意が必要です。

狭心症とは

心臓に栄養を送る血管がつまり酸素や栄養が充分に送られないと狭心症(きょうしんしょう)の発作が起きます。狭心症では突然に発作が起き、みぞおちの辺りに締め付けられるような、重苦しいような痛みを起こします。

痛みの特徴

狭心症の痛みの場合は、食事の内容や空腹などに関係なく、階段を上った時や何もない夜間や早朝に発作が出ます。また痛みに合わせて動悸や息切れ、不整脈がある、または左腕や背中の方にまで広がる痛みがあるという時は、心臓の問題である可能性が高くなります。

注意点

狭心症の痛みは、左肩や背中、左腕にも起こりますが、一番出やすいのがみぞおちの痛みです。普通、みぞおちの辺りが差し込む様に痛い、吐き気がして気持ちが悪いという様な事があるとまず頭に浮かぶのは、胃炎や胃潰瘍など胃の問題ですが、実は狭心症や心筋梗塞が起こっていて気付かれていなかったという事があります。よく状態を観察し慎重に対応する事が重要です。

逆流性食道炎(ぎゃくりゅうせいしょくどうえん)

逆流性食道炎

狭心症や心筋梗塞と同じくみぞおちに痛みを起こす消化器の問題に逆流性食道炎があります。逆流性食道炎は、胃の上部にあって胃酸を閉じ込めている筋肉が上手く働かなくなったり、中にある胃酸が増えすぎたりすると起こり、食道が荒れて痛みを起こします。

症状

胸やけ、胃酸の逆流、吐き気、のどの違和感、げっぷなどが主な症状ですが、この他にも咳や声のかすれ、口の苦味、肩こりや背中の痛みなど一見そうとは思えない症状を出す事もあります。

注意点

原因としては、ストレス、肥満、たばこ、お酒があげられ、生活の変化から最近は逆流性食道炎になる人が増えていると言われています。夜遅くに食べ、胃腸に食物が残っているまま床に就く、食事を抜いて一気にドカ食いをする、ストレスで胃を荒らし、たばこやお酒の量が増えるなど食習慣の乱れが痛みにつながります。

高血圧について

高血圧と血管障害

高血圧と血管障害

高血圧が身体に悪いという事はわかっていてもそれがどういう問題を起こすのかをイメージするのは難しいものです。血圧の問題は血管に問題を起こしますが、起こる場所でそれぞれ症状が変わります。ここではその問題を大きく三つにわけて紹介していきたいと思います。

脳の問題

高血圧が頭にくるとくも膜下出血や脳梗塞などを引き起こします。高血圧によって出来た塊が頭の血管を詰まらせるのが脳梗塞、極端に薄く膨れ上がったコブが突然破裂するものがくも膜下出血です。脳梗塞が起った時は、体半分に麻痺が生じ、気を失い、くも膜下出血では、頭を殴られた様な急な強い痛みに襲われるのが特徴です。

血管の問題

高血圧がもとで起こる血管の病気には、動脈瘤(どうみゃくりゅう)という病気があります。頭に出来るくも膜下出血と同じく薄くふくれ上がったコブ状のものが胸や腹の太い動脈に起こります。破裂すると胸や腹部に激しい痛みを起こします。破裂するまでは、胸やお腹の圧迫感やかすれ声、吐き気などあまりはっきりした症状はみられないので注意が必要です。

心臓の問題

高血圧は心臓にも負担をかけます。代表的なのが心筋梗塞ですが、完全に詰まるところまでいかず血管壁が厚くなる事で起こる狭心症というものもあります。狭心症では3~5分続く胸の圧迫感が起き、心筋梗塞になると30分以上続く激しい痛みが起き、その後心臓の機能が落ちる事になります。狭心症は心筋梗塞に繋がる疾患なので狭心症がある場合は、そこから心筋梗塞を起こさない様注意が必要になります。

 

高血圧は、症状が伴わないため何がどう悪いのかイメージしにくいものですが、悪くなった時の疾患はどれも重大なものばかりです。正しい知識を持ち普段から注意して生活する事が重要です。

自分で出来る動悸対策

気を付けるべきポイント

動悸対策

動悸のある時、一番不安に感じるのは、ある日突然止まってしまう突然死といった大きな問題と直結しているという事です。突然死は、出てから24時間以内に死に至るものの事をいいますが、この原因で一番多いのが心筋梗塞(しんきんこうそく)になります。ここでは、心筋梗塞が起きやすい時期や季節など危険なポイントについて紹介していきます。

心臓には急な寒暖の差が良くないと言われており、冬は心臓にとって負担の大きい季節になります。その中でも1月は、色々と忙しくストレスもかかってくる為、特に心筋梗塞になる人が多いと言われています。お風呂に入る時のヒヤッとした感じなどふとした時に起こる事もありますので注意が必要です。

朝と晩

季節は冬が危険な時期になりますが、1日の中では朝と夜に起きやすいと言われています。朝は自律神経の働きが活発になり、脈拍や血圧の調整もしないといけないので心臓に負担がかかり、夜は食事やお酒などが心臓に負担をかけます。他の事でもそうですが、働き方が変わる節目の時間というのは負担が大きくなるので注意が必要になります。

月曜と土曜

最後に、一週間の内の起きやすい曜日ですが、これは月曜と土曜が危険な日とされています。月曜日は仕事始めで緊張が高まり、土曜日はほっとして緊張から解放されるという事が考えられます。一日の変動の時と同じでやはり節目の時期に起こりやすいという事が考えられます。

心臓に不安のある人の運動

動悸と運動

動悸や息切れなどがあると色々な事が不安になって生活の幅が狭まります。ここでは、動悸のある人がどの様な事に気を付ければ良いのかをまとめてみました。

息を詰めてやる様な力の入れ方は避ける

重たいものを持ち上げる様な時は自然と息をつめますが、あの状態は心拍や血圧を急に上昇させ、心臓に問題のある様な場合は発作を起こしやすくするので注意が必要です。いくら負荷をかけても心臓は鍛えられません。自分のペースでリラックスしてできるものを選ぶ事が重要です。

何でも一気にやらない

毎日忙しく時間のない方の場合は、時間の空いたときにまとめて…と、ついやり過ぎる事があります。しかしこういうやり方はいくら身体に良い事でも心臓にとっては負担となります。体の事を考えるなら少なくても毎日少しずつやるという事が大切です。

他と競わない

運動をしようとするとどうしても鍛えるとか競うという気持ちが出てくるものです。若いうちはこういう気持ちも大切ですが、そういう気持ちで行う運動というのは、血圧や動脈硬化にマイナスに働きます。目的は健康であるという事を忘れずにまずはリラックスする事が必要です。

動悸と生活習慣

動悸と生活習慣

循環器の問題は、起きる時は突然やってきます。大きな問題に発展していかない為に、毎日少しずつの積み重ねが大切です。ここでは自律神経に負担をかけ動悸を起きやすくするものにはどの様な事があるのかをまとめてみました。

不眠、寝不足

忙しくて寝る事が出来なかったり、ストレスがかさみ不眠症になってしまっている様な場合、自律神経の働きが乱れ動悸を感じる事があります。その様な時は、寝る前に心臓の鼓動がやけに気になったり、ドクドクドクと心拍が急に早く打つのを感じたりします。不眠だけでは無くストレスがかかり疲れが抜けないような時も同じなので注意が必要です。

カフェイン(コーヒー、緑茶、栄養ドリンク…)

カフェインはコーヒーだけでは無く色々なものに含まれていますが、あまり飲み過ぎると中毒を起こし、動悸、めまい、胃痛、イライラ、不安などの症状がでます。たまに飲むぐらいではこの様な事はありませんが、カフェインには飲む人を依存させるところがあり、だんだんその量も増えていく傾向があります。普段から飲んでいるという人は要注意です。

生理前(PMS)

生理前はホルモンバランスが乱れ易くなるので、頭痛や腰痛、不安やイライラといった心身の不調に合わせ、動悸がする事があります。この動悸は、生理の前に合わせてでてくるのが特徴なので生理が始まっても治まらない、いつでるか分からないといった場合は他の原因を考える必要があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分