足のしびれ

足のしびれと鍼灸

足のしびれがある時は、坐骨神経痛と診断され処置される事がほとんどですが、実際には一人一人違います。

引きつって激しい痛みを起こすもの、重く鈍い痛みをだすもの、正座の後の様に感覚がなくなっているものなど症状の出方もその状態によって変わります。

こじれて出ている様なものは、経過も長くなりがちで長く引きずる事もよくあります。まずはしっかりと状態をよく見て対応する事が重要です。

足のしびれを起こす疾患

糖尿病による足のしびれ

糖尿病は進むと足のしびれを出します。ここでは、足にしびれを出す糖尿病神経障害を紹介していきます。

糖尿病による足のしびれ

糖尿病性神経障害(とうにょうびょうせいしんけいしょうがい)

糖尿病性神経障害は、糖尿病が進むと出てくる合併症の一つです。糖尿病のコントロールが上手くいかず血糖値の高い状態が長く続くと、神経に要らない物質が溜まったり、栄養している細かい血管がダメージを受ける様になり、しびれや痛みを出すようになります。

症状

やけるとかうずくと言われる様なしびれを起こします。ジンジン、ピリピリとした感覚が手足の先から起こります。足にだけしびれが出る事もありますが、坐骨神経痛とは違い両方の足に一緒に起こる事が多く、靴下をはいた様な感じで感覚が鈍くなります。また、足がつりやすくなると言うのも特徴の一つです。

注意点

糖尿病にかかっていると傷の治りが悪くなります。神経の障害があると感覚が鈍くなるので自分が傷を負っているのに気づきにくく、そこから細菌に感染して潰瘍となりひどくなると切断をする事になる様な場合もあります。早期の発見と血糖のコントロールが重要です。

紛らわしい足のしびれ 総腓骨神経麻痺(そうひこつしんけいまひ)

足にしびれは、腰の問題からだけでは無く足に走っている神経の問題からも起きます。足に問題があるのに腰の治療をしていても問題は解決しません。症状と照らし合わせて体をしっかりみていく事が必要です。

足のしびれ総腓骨神経麻痺

骨粗しょう症とは?

総腓骨神経は、坐骨神経が先に行って別れた神経になります。ここの麻痺は、坐骨神経痛の時のしびれや麻痺と症状の場所が重なるので注意が必要です。ここが原因でしびれが起きている場合は、いくら腰を治療しても中々よくなっていきません。

症状

正座をした後に足が伸びないのと同じように、足を反る事が出来ず、足の甲からスネの外側にしびれの症状がでます。膝の下の腓骨(ひこつ)という所を乗り越えるところで圧迫される事が多いので、ここの神経が問題で症状を出す場合は、膝より下にしびれの症状を出す事になります。

どの様な事が引き金になるのか?

ここの麻痺は、熟睡した時にどこかに圧迫して寝ていたり、ギブスや強い締め付けの服装で長い時間圧迫するような事があると起こります。中々しびれが取れていかずものにつまずくなどの状態が続くような場合は、処置が必要になります。

足にしびれを出す トリガーポイント

トリガーポイントは筋膜に問題を起こし足の方まで鈍くしびれたような痛みをだします。足にしびれがある時は、腰の問題がまず疑われますが、実際にはこの様な問題がかくれている事もよくある事です。ここでは、足に症状をだすトリガーポイントを紹介していきます。

足のしびれとトリガーポイント

梨状筋(りじょうきん)

この筋肉にトリガーポイントが出来るとももの裏からふくらはぎ、足の裏にかけての痛みが起こります。坐骨神経痛と似た所に症状が起こるのでよく見分ける必要があります。この筋肉は、ちょうどお尻の真ん中ぐらいで骨のきわにあるのでそこを押すと足の症状も強く出る事になります。

中殿筋(ちゅうでんきん)

これは、主に足の外側に症状を出します。ももの外側から足首の外側まで広い範囲で痛みを起こします。これも足の痛みとしては多いのでよく確認する必要があります。中殿筋は、お尻の外側にある筋肉なのでその辺りを押して足に重だるい様な症状が出る様なら疑いが強くなります。

ハムストリング

ハムストリングはももの裏にはる筋肉です。この筋肉にトリガーポイントが出来るとモモの裏や膝の裏に鈍い痛みを起こします。この筋肉は、上の2つの筋肉と違い足に付く筋肉ですが、足の痛みは遠くからくるものだけではないのでしっかりと確認しておく事が必要です。

股関節の痛みを起こす筋肉

色々な所に影響を出す腰痛ですが、この腰痛について出る事が多いのが股関節の痛みです。股関節は、体の重みを腰と協力して支えるので一緒になって痛む事が多く、中には腰は治ったけど股関節の痛みの方がまだという事もあります。ここでは、痛くなる場所にはどの様な筋があるのかを痛み方と一緒に紹介していきたいと思います。

股関節の痛みと筋肉

梨状筋(りじょうきん)

お尻のえくぼの辺りにある筋肉です。深いところにあるので辛くなる時もお尻の奥の方が辛くなります。股関節をねじる様な動きをする複雑な筋なのでストレッチなども中々うまくいかず、どうし様もないといった痛みを出します。またこの筋は状態が悪くなると近くを通る坐骨神経を刺激して足の方にまで痛みを広げるので注意が必要です。

ハムストリング

足を後ろに引く為の筋肉です。座るとあたるお尻の骨のあたりに付きます。この筋は、下は膝の方まで広くももの裏にはっているので問題があるとお尻からももの裏が張って辛くなります。ひどい人になるとお尻の方からももの裏にかけてコリコリとこの筋のすじばった状態を確認する事が出来ます。

腸腰筋(ちょうようきん)

股関節の前面が痛む時の筋肉です。ここが悪い時は、ソケイ部のあたりが突っ張り押すと強い痛みが出ます。問題がある時は、腰を引いたへっぴり腰の様な姿勢になり、歩いていると痛いとか、後ろに伸ばせないという訴え方をします。この筋肉は腰を支えるという役割もあるので股関節だけが痛いというより、腰に問題があって一緒に股関節のあたりに痛みを出すという事が多くなります。

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)

狭窄症は、腰痛で足のしびれを合わせて起こす問題です。足のしびれにも色々ありますが、しびれは痛みよりたちが悪く放っておくと怖い事もあります。ここでは、狭窄症について紹介していきます。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症とは?

だんだん腰が弱くなり変性が進む50代以降の人に多くみられる疾患です。腰だけでは無く足にしびれと痛みを起こします。しびれは歩くと悪化し歩くのが辛くなってしまします。しばらくするとまた歩けるようになるのですが、すぐダメになり休む事になります。このとき、ただ休むだけでは無く前かがみで腰を伸ばすようにすると更に足が楽になります。

手術の必要性について

狭窄症で手術を考えなければならないのは、痛みやしびれがひどい場合と、馬尾障害(ばびしょうがい)と言って排便や排尿の感覚が分からなくなった時です。狭窄症は会陰部に行く神経も一緒にやられる疾患なのでひどくするとこの様な症状も起こる様になります。排便や排尿の異常は命にかかわる事なので早めの処置が必要になります。

似ていて紛らわしい疾患

閉そく性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)という病気は、同じく高齢者によく起こり、歩く事でしびれが増すという事で狭窄症とよく似ています。安静にしていてもジンジン痛いとか、足の冷えがひどいなど違うところもありますがそれほどはっきりしたものではありません。疑わしいと思った時は、一度診てもらう事が必要です。

腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア)

ヘルニアは、椎間板の中にある核が飛び出し神経に触れる事で痛みとしびれを出す疾患です。坐骨神経痛の原因ともなり腰だけでは無くひろく足の方にまで症状を起こします。

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎ヘルニアとは?

ヘルニアは20代から40代の若い世代に多く、スポーツや肉体労働など腰に負担をかける事で起こります。特に前かがみや中腰の姿勢は椎間板に強い圧力をかけ亀裂や損傷の引き金になります。

症状

症状は、腰だけの痛みの事もあれば、足の方までしびれや痛みとなってあらわれる事もあり色々です。しびれの範囲も状態によりますが、お尻からももの裏、スネの外側から足にかけて起こる事が多く、ひどいと力が入らない、指がどの方向に動いているのか分からないなどの症状も伴います。

注意点

ヘルニアは、痛みの強さだけでは無く、しびれの程度、排尿や排便に問題が無いかという事もポイントになります。ヘルニアによる腰痛は、悪くなると神経を巻き込み足のしびれや排尿・排便などの問題を出します。特に排尿の問題は急な処置が必要な事もあるので注意が必要です。

変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)

腰からくるしびれは股関節やももの辺りに広がるものもあり、股関節の問題と重なるところも多くあります。ここでは、股関節の痛みを起こす変形性の関節症について紹介していきます。

変形性股関節症
変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)

軟骨が削れて薄くなって痛みを起こし、ひどくなると形が変わってくるなど変形を生じます。股関節は、腰や骨盤と近い位置にあるため、痛みの部位として似たところもありますが、痛みの原因が股関節にあるので、足を動かす事で症状がひどくなります。

症状

中高年になると体も固くなり、少しの動作でも痛みにつながってきますが、股関節の痛みは足の付け根に出ることが多く、歩いたり座ったりといった日常的な動作でも痛みを感じるようになります。特に正座や和式便所など深く曲げる様な事があると痛みが強くなります。

どのような人に多いか

この疾患は、女性の方に多く、小さい頃に股関節の脱臼があったり発育が悪く不安定な状態になっていたりすると出やすくなります。発症するのは、ほとんどが過去に問題のあった人ですが、それだけでは無く年を取り高齢になる事で自然と出てくる事もあるので注意が必要です。

大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)

大腿骨頭壊死症は股関節を中心に痛みを起こす疾患です。痛みの出方が腰痛と紛らわしいところもあるので注意が必要です。

大腿骨頭壊死

大腿骨頭壊死症とは?

大腿骨頭壊死症とは、股関節にある大腿骨頭の一部が血流が悪くなり死んでいってしまう病気です。働き盛りの人に多く、お酒をよく飲む人やステロイドの過剰投与がある人に起こりやすいと言われています。

症状

大腿骨頭が壊死し、潰れると痛みを起こします。股関節の問題ですが、股関節だけでは無く膝や太もも、腰痛という形で痛みを出す事もあります。初期の頃は安静にしていると痛みが治まる事も多く、中にはそれで済んでしまう事もありますが、繰り返し痛みを起こしこじれていくようだと手術の必要なども出てきます。

注意点

股関節の痛みというと変形性股関節症が有名ですが、大腿骨頭壊死は、年をとってからというより働き盛りの比較的若い世代に多い病気です。手術の必要性もだんだん痛みや変形がひどくなってきたからというのではなく、骨頭の潰れかたや程度によってきまるところがあります。一度診断がついたら落ち着くまでしっかり経過を見て治療をしていく事が重要です。

治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668
住所
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F
営業時間
午前 9:00~20:00
休業日
日曜・祝日
 
午前 ×
午後 ×

臨時休診する場合があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分