着替えについて

着替えについて更衣室

一水堂では、施術をスムーズに行う為、専用の治療着を用意してあります。

 

*着替えについての説明は治療院でも行いますのでご安心ください。

着替えの手順

着替えについての流れを説明します。

治療用ガウン

治療用ガウン

治療用ガウン

背中の状態をよく観察し、はりやきゅうをします。

治療用ガウンは、背中にヒモがくるように着用し、

背中がでる様にして下さい。

(皮膚がみえる状態になればはりが出来ます。写真の様にブラを残しシャツを取ってガウンを着用してください。)

※ 時計やアクセサリー類は外しておいてください。

 
治療用短パン

短パン

短パン

どの様な症状の場合も全身診て膝から下をツボを使っていきます。靴下やタイツは脱いで短パンに履き替えて下さい。サイズは、次の様になります。

上段 M(黒)
中段 L(灰色)
下段 XXL(青)
 
治療着回収ボックス

治療着回収ボックス

治療着回収ボックス

使い終わった着替えは、その都度回収して洗いに出します。施術が終わった後は、更衣スペースの下にある“治療着回収BOX”の中に入れてください。

鍼灸で使うツボの組み合わせ

今はネットで調べれば色々な事が分かる時代なので、少し調べればツボも多すぎるぐらい調べる事が出来ます。しかしこれらのツボは全てが効くというわけでは無く、思うように効果が出ないという事も中にはあります。

鍼灸で使うツボの組み合わせ

反応点としてのツボの取り方はどうしても反応のあるなしで当たりはずれがあり、治療としては安定しません。その為、実際の治療では脈や腹診など色々な検査と合わせて、より安定して効果の出るツボを選ぶように工夫されています。

ツボを選ぶのにも鍼灸の為の診断が必要です。

一つのツボを選ぶには色々な診察をし、その原因に対するツボを選ぶ様にするなど、治療ではその為の診断も必要になります。これは今の医学の疾患名では無く、肺虚肝実証(はいきょかんじつしょう)、脾肝相剋証(ひかんそうこくしょう)と言った鍼灸独自のもので今の医学の診断名とはまた異なります。

治療では、手足から背中まで広く行ないますが、全てはこの診断に基づいて進められ、ツボの選択からはりの使い方までこの診断を中心に考えられます。2回目来た時も症状がどうなったかこの診断と見比べながら考えるなど治療ではこの診断名が欠かせません。

この事は治療をする上では当たり前の事なのですが、どうしても鍼灸というと痛いところに打つもの、胃には胃のツボと決められた場所にうつものといったイメージが強く、この様には考えられません。

長い時間かけて発展してきた鍼灸には先人達が積み重ねてきた素晴らしい知恵が凝集されています。胃には胃のツボというストレートなものも良いのですが上手くツボを組み合わせて体の中の自然治癒力を引き出す事が重要です。

 

鍼灸と全身のツボ

鍼灸で使うツボには色々なものがあります。背中、顔、手足のものだけでは無く、耳や手、足の裏まで細かくツボが設定されています。

鍼灸全身治療と着替え

例えば耳診はダイエットというイメージがありますが、実際には耳の中に全身が投影されていて腰の治療も胃の治療も出来る様になっています。この様な部分と全体の関係を全機性(ぜんきせい)と言います。

全身様々な場所にあらわれる体の声に耳を傾ける事が重要です。

痛みとしては、あらわれませんが体の中にはこの様な場所が沢山あります。例えば、胃が痛い時、背中の胃の裏が張るというのはよくある事ですが、実際には胃だけでは無く体の様々なツボがそれに合わせて反応しています。

その為、鍼灸では全身のツボを良く探っていきます。胃が痛いからお腹のツボ、腰が痛いから腰のツボでは鍼灸の本当の良さは発揮されません。良く体の声を聴き、体に合わせた治療をする事が重要なのです。

 

鍼灸の全身治療と着替え

鍼灸は、皮膚に直接やるので使うツボは外に出ている必要があります。全身治療では、手足先から首腰背中と色々なツボを使うので事前に膝から下、首背中が出るようにしてもらっています。

鍼灸全身治療と着替え

一般にはりは痛いところにするという印象があるので肘なら肘だけ、足なら足だけにはりをすると思われがちですが、それだと痛いところに電気を流すのと大して変わらなくなってしまいます。

痛いところというのは、押すと気持ちが良いものですが、本当に悩みを解決してくれる効果のあるツボというのはそこでは無く、少し離れた場所やそこを支える様な場所にあるものなのです。

痛いところ以外のツボを使う事が重要です。

例えば首が悪いという時は、それを支える背中、S字にカーブして首とバランスを取っている腰、そこに繋がる手足のツボなど、少し考えただけでも肩、腰、手足様々な場所の調整が必要なのが分かります。

もちろん痛い場所にも手を加えますがそれだけでは弱く、良くなったとしても長続きしないものです。これはめまいや吐き気、耳鳴りなどの場合でも同じです。

体というのは、複雑でただ痛い場所にはりが当たればよいというものではありません。どういう状態なのかよく観察し、広く探って体の出す信号を捉える事が大切なのです。

 

治療歴20年の豊富な経験と高い技術

はり・きゅう一水堂

お気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668
住所
千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1 1F
営業時間
午前 9:00~20:00
休業日
日曜・祝日
 
午前 ×
午後 ×

臨時休診する場合があります。

その他メニューのご紹介

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について、生活習慣のポイントと効果の出るツボの選び方を紹介しています。

更年期障害

更年期障害

更年期障害について、治療選びのコツやのぼせ対策について紹介しています。

不妊症

不妊症

不妊症について体を温める時の要点や効くツボの選び方を紹介しています。

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂予約

お電話でのお問合せはこちら

043-309-4668

営業時間:9:00-20:00
定休日:日曜・祝日

お問合せ・ご予約はこちら

はりきゅう一水堂お問い合わせ

お電話でのお問合せ・ご予約

043-309-4668

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

千葉市緑区おゆみ野の鍼灸治療院 はり・きゅう 一水堂のご案内

はりきゅう一水堂案内
043-309-4668

千葉県千葉市緑区おゆみ野中央8-23-1

JR鎌取駅から24分、バス停千葉南警察署より徒歩1分